生産管理における「生産スケジューラ」とは

2021.04.22生産スケジューリング , 生産管理 , 生産計画
生産管理における生産スケジューラ

製造業において、生産管理スケジューラは業務の効率化や人為的ミスの防止などのメリットがあり、多くの企業で利用されています。生産スケジュールの作成にエクセルを使っている現場は少なくありませんが、大きな違いがあります。無駄なコストの削減や生産性の向上、利益アップを叶えたい企業は、生産スケジューラの導入がおすすめです。

生産スケジューラは、エクセルなどを利用した場合とどのような違いがあるのでしょうか?生産スケジューラ導入のメリットや導入の仕方について、解説します。

【目次】
■生産スケジューラとは
■生産計画における課題
■生産スケジューラ導入のメリット
■生産スケジューラの導入方法
■おすすめの生産スケジューラ紹介
■生産スケジューラとエクセルの違い
■生産スケジューラと生産管理システムの違い
■おわりに

生産スケジューラとは

生産スケジューラとは、人員や設備などのリソースと生産量とを照らし合わせ、必要なリソースを割り当てるシステムのことです。適切な時間配分や在庫引当、作業員の割り振りなどが行えます。後述しますが、生産管理システムにも計画を立てる機能は含まれていますが、生産スケジューラほど細やかな計画を作成できません。

生産スケジューラとは
分や秒単位での細やかな計画立案ができるシステム
設備や作業員などの資源には品目単位に標準時間を設定できるシステム
資源ごとに台数(人数)と稼働シフトを設定できるシステム

生産スケジューラは、上記の情報をもとに資源のキャパシティを超えないように作業を配置する「有限能力スケジューリング」が基本機能といえます。生産スケジューラを活用することで、設備や人員などの資源能力を最大限に引き出す体制の作成が可能です。

生産計画における課題

生産計画における課題

かつて少品種大量生産が主流だった頃は、ベテラン作業員の経験による計画作成が一般的でした。しかし、現在は消費者ニーズの多様化にともない、短い納期で多品種少量生産が求められています。

そのため、急な差し込み案件や計画変更が発生しやすく、納期調整のために着手順の変更や残業シフトの変更など、きめ細やかなコントロールが必要になってきました。こうした外的な要因に加えて、製造業を支えてきたベテラン作業員の退職や人手不足といった内的要因もあり、時代に対応した変化が必要になっています。

属人的な生産スタイルから脱却し、限られた人材、設備の中で効率良く生産活動を行うために、生産スケジューラが果たす役割は大きいといえるでしょう。端的にいえば、生産スケジューラは「生産計画における課題解決に貢献するツール」という認識でも構いません。なお、具体的な課題解決の方法や生産スケジューラの導入効果については、別ページで紹介しています。少しでもご興味のある方は、まずはこちらをご覧ください。

cta-aps1

生産スケジューラの効果が把握できれば、企業や製造現場にもたらすベネフィットなどを把握しやすくなります。以下の項では、生産スケジューラ導入のメリットをわかりやすく紹介します。

生産スケジューラ導入のメリット

生産管理システムとの違い

生産スケジューラは、さまざまな工程を、分単位、秒単位で並行してスケジュールを計画・立案できます。これにより、遅れている工程やボトルネックになっている工程がないか、いつどのタイミングでリソースを投下すべきか、などの判断が可能です。その結果、リードタイムの最適化や、余剰在庫の圧縮、キャッシュフローの改善につながるというメリットがあります。エクセルでの管理を行う際に見られる個人の主観によるスケジューリングから脱却することで、属人化の問題も解消されます。

生産活動を正確にシミュレートできる生産スケジューラの導入によって、システムに編集を加えることで生産スケジューリングの進捗状況をデバイス上で把握することが可能となります。つまり、生産現場の見える化によって致命的な遅れにつながる前に、改善策を講じることが可能になるというメリットがあります。

生産スケジューラの導入方法

生産スケジューラを導入するメリットを紹介しましたが、企業や製造現場に合った生産スケジューラを選ばなければメリットを最大限に享受できません。生産スケジューラの導入前に、導入目的の整理、メンバーの役割や権限の明確化、システム要件や予算の洗い出し、最適な製品の選定、無料トライアル、本格検討、運用ルールの作成を行ってください。

また生産スケジューラの活用においては、ITリテラシーが高い人材も必要となります。生産スケジューラを現場の担当者が使いこなせないと意味がないからです。自社の製造現場にマッチしたものを導入することが大切です。

おすすめの生産スケジューラ紹介

生産スケジューラを選定するポイントは、柔軟性が高いものを選ぶことです。また、複数の担当者が無理なく活用できるシステムことも重要となります。

img_navi01_img01

そこで、Asprovaをおすすめします。Asprovaは、入力した情報をもとに生産計画の立案をするシステムです。過去の実績と現時点での確定情報を扱っているため、先の見込みや需要予測までを組み込み生産計画を立案するという特徴があります。

例えば、「競合A社」では、運用に柔軟性を欠いてしまっているため高額なシステム料金がかかった上に業務の効率化を実現できずに導入前よりもコストがかかってしまうという事態を招く事態が起こったという事例が存在します。Asprovaは、担当者が意思を入れられるようになっており、その意思を考慮した形で再度生産計画を立てられます。柔軟性が高さも特長で、製造現場が長年かけて積み上げてきた効率化のノウハウを生かし、問題点を1つずつ解決していくことで多くの効果を期待できます。

生産スケジューラの導入を検討している管理者の方は、Asprovaの導入を検討してみてはいかがでしょうか。以下の専用ページでは、Asprovaの機能や導入方法・成功事例を紹介しているため、少しでもご興味のある方は、まずはこちらをご覧ください。

cta-aps2

生産スケジューラとエクセルの違い

ここで生産スケジューラの理解を深めるため、生産スケジューラと混同されやすいエクセルや生産管理システムとの違いについて言及しておきましょう。

中には、生産スケジュールを立てるのに、ビジネスソフトとして馴染み深いエクセルを使っている製造現場もあります。ですが、エクセルはあくまで「表計算ツール」に過ぎず、生産管理やスケジューリングなどに特化した機能は標準搭載されていません。

複雑な生産スケジュールを、エクセルによって分単位・秒単位で管理するのは困難です。さらに、スケジュール変更があった際も、容易に修正できません。一方で、エクセルにも「コストがかかりにくい」「普及しているツールなので使いやすい」というメリットがあり、新しいものを入れることに苦手意識を持つ方には人気の高いツールです。

製造現場のスケジューリングを行う用途においては、適切な時間配分や人員配置を行いやすい生産スケジューラのほうが秀でています。もしも、「エクセルか生産スケジューラのどちらを導入すべきか迷っている」という方がいれば、生産スケジューラの導入をおすすめします。

生産スケジューラと生産管理システムの違い

生産管理システムは、工程や品質、在庫などの管理を行う多機能なツールです。生産全般にかかわるシステムであるため、生産計画の立案に特化したものではなく「情報を管理して共有するツール」という違いがあります。

一方の生産スケジューラは、生産スケジューリングのための計算ツールです。生産スケジュールに特化しており、分・秒単位での設備管理や人員のリソースごとの細かい管理することができます。また、バックワード方式(納期から逆算してスケジュール)、フォワード方式(計画基準日時から前詰めでスケジュール)のどちらでも計画が作成できるので、より現場に即した運用が可能です。生産管理システムと生産スケジューラでは役割が異なるため、両方の導入によって生産性の向上やコスト削減などの効果が期待できます。

おわりに

生産スケジューラは、生産量に対して必要な人員や設備などのリソースと照らし合わせ、必要なリソースを割り当てることで生産スケジュールを立案するシステムです。生産管理にエクセルを使った生産スケジュールの作成を行っている工場が多いのが現状ですが、需要の変化に素早く対応するための検討材料の可視化を実現するツールとして、生産スケジューラは役立ちます。

急な差し込み案件の対応や迅速な計画変更など、生産管理に課題を感じている方は、生産スケジューラの導入を検討してみてはいかがでしょうか。なお、当コラムで紹介した生産スケジューラ「Asprova」は、「お試しで使ってみたい」という方に向けて無料体験版をご提供しています。この他、Asprovaの資料請求なども承っているので、詳しくは以下のお問い合わせページからお申し込みください。

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます

タグ : 生産スケジューラ