Asprova概要

生産スケジューラ(APS)とは

一般的な生産管理システム(ERPシステム)では、受注オーダを元に資材所要量計画(MRP=Material Requirement and Planning)という機能で所要量展開を行い、工程ごとの製造オーダーを作成し、原材料の発注量を計算します。

この場合、負荷計画を考慮しない無限能力バックワードで、ラインごとに製造オーダーを山積みする仮の生産計画であり、製造オーダーを消化するだけの生産資源と稼動時間が存在するかを確認しながら、マニュアルで代替資源や代替日程への平準化割付を行ないます。製品点数や設備数が多くなると、とてもマニュアルで対応できる工数の作業ではありません。

これを自動的にやってくれるのが生産スケジューラ(APS =Advanced Planning and Scheduling )で、この負荷平準化機能の有無がMRPと生産スケジューラの大きな違いの一つと言えます。APSによって全体最適化された生産スケジュールが工程の繋がりの中で「見える化」されます。

APSでは設備能力に対して生産管理システムのような固定リードタイムではなく、サイクルタイムを設定しますので、機械の能力を考慮したサイクルタイムベースの生産計画が作成され、結果として製造リードタイムが短縮されます。

製造リードタイムが短縮されれば、単位時間あたりの生産性が上がりますので製品コストが削減され、製造リードタイムが短縮されることにより自動的に工程内に滞留する在庫が削減され、在庫コストが削減されます。

Asprova APSとは

生産スケジューラAsprovaは製造業の生産資源の有効な時間活用によって、既存業務の問題点を改善し、収益改善まで実現させるという問題解決型のソフトウェアです。

Asprovaには、納期の早いもの順・オーダの優先度順・原材料のあるもの順など作業の「割付の順番(ディスパッチング)」、複数ラインが使用できる場合の「割付優先度(資源優先度)」、最短でいつ完成するかを知るフォワード・遅くともいつから開始しないと間に合わないかを知るバックワードなどの「割付方向」などがありますが、これらの設定をパラメタでチューニングしながら、自社にとって最適と思われるスケジュール結果に近づけるべく、リスケジュールを繰り返します。

これらのパラメタはスケジューリングロジックにだけでなく、各種マスタやオーダにも多数装備されており、これは生産スケジューラAsprovaができるだけ幅広い業種・業態の製造現場に、ソフトウェア本体をカスタマイズをすることなく、パラメタ設定だけで適合させられるように、改良に改良を重ねられてきた成果です。

Asprova APS の機能

生産スケジューラAsprova APSは1個あたり何秒、または1時間当たり何個生産といったサイクルタイムで製造リードタイムを計算します。理論的に可能な最短時間の製造リードタイムでスケジュールを作成します。
固定リードタイムで計算するExcelやMRPの負荷計算機能に比べて、サイクルタイムで計算する生産スケジューラではリードタイムの短縮が見込まれます。

例えば、金型交換やタンクの洗浄などの段取り時間を設定し、同一品目を連続して製造することで段取替え回数を減らす計画を作ることや、ボトルネックになりやすい工程の前後工程が在庫を作りすぎないようにボトルネック工程のタクトに合わせた生産スケジュールを生成することができます。製造リードタイムが短縮することにより、工程内に滞留する仕掛品在庫と製品倉庫に置かれる製品在庫が削減します。材料入荷のタイミングを遅らせることができ、材料在庫も削減します。

リードタイム短縮、在庫削減が実現できれば、自動的に棚卸資産としてではなくキャッシュで持てる期間が長くなり、キャッシュフローが改善されます。



用途に応じて選べるスケジューラモジュールと付属モジュール

SCP
Supply Chain Planning
複数の工場や物流拠点で構成されるサプライチェーン用のラフスケジューラ
各拠点の生産能力や拠点間の配送手段を考慮しながら、複数の計画シナリオでサプライチェーン上のモノの動きをシミュレーションします。
APS
Advanced Planning & Scheduling
MSをベースに受注オプションと購買オプションを標準装備したAPSスケジューラ
購買から受注までを一気通貫でスケジューリング。
MRPの機能も標準装備しているので、所要量計画も立案できます。
MS
Manufacturing Scheduler
多品種、多工程の生産計画を高速に作成する工場向け生産スケジューラ
工場内の製造オーダを有限能力で割付ける詳細スケジューラ。
作業指示を出力するための短期計画、負荷シミュレーションのための長期計画もどちらも立案できます。MRPの機能も標準装備しています。
MRP
Material Requirements Planning
MRP(所要量計画)を実行するスケジューラ
部品表+品目テーブルへの固定リードタイム設定のみでスケジューリング可能。マスタが同じなので、APSやMSへのアップグレードも容易です。
SED
Schedule Editor
スケジューリング結果の編集するエディタモジュール
手動でスケジューリング結果を編集したり、作業の並び替えを行うシーケンシング機能などが標準装備されています。
BOM
Bill Of Material
マスタ(製造BOM)の構築、メンテナンス専用モジュール
DSと組み合わせることで、スケジューラ使用中にもマスタのメンテナンスが可能になります。また、MESの機能を標準装備しているため、実績入力も行えます。
MES
Manufacturing Execution System
製造現場向けスケジュールビューワ
各種ガントチャート、負荷グラフ、在庫グラフや各テーブルウィンドウを用いたスケジュールデータの閲覧が可能なほか、実績入力が可能。
NLS
Network License Server
ネットワーク越しにライセンスの認証と複数ライセンスを1台のPCで集中管理するモジュール
*プロジェクト毎にスケジューラモジュール(APS / MS / MRP)のライセンスが必要です。
DS
Data Server
ネットワーク上のスケジュールデータの共有を実現するモジュール
データはチェックイン/チェックアウトシステムにより排他制御され、実績・オーダ・マスタなどの差分データはトランザクションによりDSにアップロードされ統合されます。DS上でのデータ更新があった場合、DSから各モジュールに通知され、各担当者はデータ更新をリアルタイムで把握でき、最新データのダウンロードができます。



生産スケジューラ導入の成功の秘訣

1.導入の目的・目標を明確にする
2.自社の計画要件に適合した生産スケジューラを選択する
3.経験豊富な導入パートナーを選択する
4.現実と理想の中間でシステム化する
5.導入の優先度を付けて最小限の導入を行います
6.その後計画範囲の拡張や機能を追加して計画精度を上げていきます

これらは、導入検討フェーズで判断することを推奨します。詳細は導入検討ガイドをご参照ください。



関連コラム

システム化からDX化へ~変わる製造業の業務改善

生産計画と生産スケジュールの違い

生産スケジューラを導入しやすい工場と導入しにくい工場

無料で試せる生産スケジューラAsprova APS

より精度の高いスケジューリングの為のSolverオプション