生産管理における「生産スケジューラ」とは

2021.04.22生産管理

生産管理における生産スケジューラ

時代の変化や競争の激化にともない、コスト削減や生産性向上に取り組む企業が増えました。

そういった活動を進めいていく上で、活躍が期待されているツールが「生産スケジューラ」です。

生産スケジューラは現場の状況を明確にし、細やかな計画を立案することができます。

この記事では、生産スケジューラの概要や生産管理システムとの違いについてご紹介します。

 

生産スケジューラとは

生産スケジューラとは、人員や設備などのリソースと生産量とを照らし合わせ、必要なリソースを割り当てるシステムのことです。

適切な時間配分や在庫引当、作業員の割り振りなどがおこなえます。

後述しますが、生産管理システムにも計画を立てる機能は含まれていますが、生産スケジューラほど細やかな計画を作成できません。

・生産スケジューラは分や秒単位での計画管理が可能です。

・設備や作業員などの資源には品目単位に標準時間を設定します。

・また、資源ごとに台数(人数)と稼働シフトを設定します。

これらの情報をもとに資源のキャパシティを超えないように作業を配置する「有限能力スケジューリング」が基本機能といえます。

生産スケジューラを活用することで、設備や人員などの資源能力を最大限に引き出す体制を作れます。

 

生産計画における課題

生産計画における課題

少品種大量生産が主流だった頃は、ベテラン作業員の経験による計画作成が一般的でした。

しかし、現在は消費者ニーズの多様化にともない、短い納期で多品種少量生産が求められています。

そのため、急な差し込み案件や計画変更が発生しやすく、納期調整のために着手順の変更や残業シフトの変更など、きめ細やかなコントロールが必要になってきました。

こうした外的な要因に加えて、製造業を支えてきたベテラン作業員の退職や人手不足といった内的要因もあり、時代に対応した変化が必要になっています。

属人的な生産スタイルから脱却し、限られた人材、設備の中で効率よく生産活動をおこなうために、生産スケジューラが果たす役割は大きいといえるでしょう。

 

生産管理システムとの違い

生産管理システムとの違い

生産管理システムは工程や品質、在庫などの管理をおこなう多機能なツールです。

そのため、生産計画を立案することに特化したものではありません。

生産の全般に関わるシステムで、生産管理を系統的におこなうために情報を管理して共有するツールだといえます。

一方で、生産スケジューラは生産スケジューリングのための専用計算ツールですので、設備や人員のリソースごとに分・秒単位で細かく工程を管理することができます。

また、バックワード方式(納期から逆算してスケジュール)、フォワード方式(計画基準日時から前詰めでスケジュール)のどちらでも計画が作成できるので、より現場に即した運用が可能です。

役割の違う生産管理システムと生産スケジューラをそれぞれ導入することによって、一層の生産性向上やコスト削減などの効果が見込めます。

一方で、システムやデータの連携をうまくおこなう必要があるため、管理が煩雑になる恐れもあります。

求める効果や目的にあった連携方法を採用することも活用に向けた重要な要素です。

 

おわりに

以上、生産管理における「生産スケジューラ」について説明してまいりました。

ご説明した内容を簡単にまとめると、

生産スケジューラとは、人員や設備などのリソースと生産量とを照らし合わせ、必要なリソースを割り当てるシステムのことです。

生産計画における課題とは、消費者ニーズの多様化にともない、現在ではより短い納期で多くの品種を少ロットで生産するよう求められていることが挙げられます。

また生産管理システムとの違いとしては、下記になります。

生産管理システムは工程や品質、在庫などの管理をおこなう多機能なツールであるため、生産計画を立案することに特化したものではありません。

生産スケジューラは生産スケジューリングのための専用計算ツールですので、設備や人員のリソースごとに有限能力で計画立案し、分・秒単位で細かく工程を管理することができます。

 

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます