漫画でわかる! トヨタ生産方式の「平準化生産」が難しいのは何故か? 最適化できるのか?

2022.09.06漫画でわかる , 生産スケジューリング

ストーリーは、業績絶好調の未来製作所の次世代EVの組立てラインで、投入計画担当者の仲が、取引先からの注文増大に悩んでいるところからはじまります。

注文が増大するうえに、製品バリエーションも増えています。しかも、生産ラインの増設はできません。そのような中で、平準化生産が要求されます。

平準化はトヨタ生産方式において前提となる必須要件です。平準化生産は、部品消費、作業負荷、製品在庫の3者を同時に平準化する必要があります。

部品、作業、製品は多数あり、ある部品の出現頻度を平準化すれば、他の部品の平準化が崩れ「もぐらたたき」になり、なかなか難しいのです。

平準化がうまくいかないとチョコ停(ラインストップ)が発生し、日産数が減り、残業で対応するとコストが増大します。

この難問をどう解決するのでしょうか?

マンガ動画をご覧ください。

解法・デモンストレーションはセミナーでご覧になれます↓↓↓ https://seminar.asprova.jp/eventlist/aspsolseminar