基礎から学ぶサプライチェーンマネジメント

2021.02.05生産管理

サプライチェーンマネジメント

サプライチェーンマネジメントは、1980年代にアメリカのコンサルティング会社ブーズ・アレン・ハミルトンで使われるようになった言葉です。

日本では2000年前後にサプライチェーンマネジメントが普及し、多くの企業が導入しました。

現在では、グローバル化などによる市場の変化によって再び注目されています。

今回は、サプライチェーンマネジメントの役割や必要となった背景、課題についてご説明します。

 

サプライチェーン、サプライチェーンマネジメントとは

サプライチェーンマネジメントとは

サプライチェーンマネジメントについて知るためには、そもそもサプライチェーンという概念を理解しなくてはいけません。

サプライチェーンとサプライチェーンマネジメントについて順番に見ていきましょう。

 

サプライチェーンとは

サプライチェーンは、直訳すると「供給連鎖」という言葉になります。

具体的には、ある製品を作る際の「原材料の仕入れ」からはじまり、「材料の加工」「部品の組み立て」などを経て、消費者の手に渡るまでの供給の流れ全体を指した言葉がサプライチェーンです。

原材料を販売している企業、部品の加工や組み立てを行っている企業、実際に製品を消費者に届ける販売店だけでなく、その間の物流を請け負っている運送会社などもサプライチェーンに含まれます。

また、製品が消費者へ届くようにサプライチェーンを流れていくのに対して、お金と情報は反対方向へ流れていくのも特徴です。

この場合の情報は、具体的には需要に関する情報を指します。

 

サプライチェーンマネジメントとは

サプライチェーンマネジメントとは、サプライチェーン全体を管理し最適化していくことです。

そのためには、サプライチェーン全体で情報共有を行い連携することが必要になります。

なぜなら、原材料の仕入れから消費者への販売までをひとつの流れとして捉えるには、部分最適的なやり方では限界があるからです。

例えば、部品製造工場の生産性だけを上げても、物流の効率が悪ければ販売店まで製品がスムーズにいきわたりません。

それどころか、部品の在庫を抱えることになり、逆に管理コストを上げてしまうケースもありえます。

また、たとえ物流がスムーズであったとしても、適切な生産数を考えずに製品を作り続けていれば、結局は不要な在庫が増えるばかりです。

そういった事態を防ぐため、需要予測などの情報をサプライチェーン全体で共有し、過剰在庫が発生しないような状況を作ります。

消費者が必要としているものを、可能な限りタイムラグを作ることなく、必要なぶんだけ供給するのがサプライチェーンマネジメントの基本です。

 

ビジネスモデルとしてのサプライチェーン

サプライチェーンをすべて内製化しても、ビジネスモデルやサプライチェーンの課題が解決できるわけではありません。

 

自社の強みを活かして利益を得るために強みをよく知り、サプライチェーンをどの部分で外製化または内製化するのか。

このような要素は競合や自社の戦略によって大きく変わります。

 

大型のECサイトを運用しているAmazonや楽天では、インターネットを用いた通信販売を活用し、販売と配送を一体化させたビジネスモデルを築きました。

結果、アパレルや家具家電をはじめ、あらゆる企業・ブランドがEC戦略を取り入れ、インターネットでの販売・配送が一般化されました。

販売と配送が必要となるビジネスにおいて、サプライチェーンマネジメントによる統合的な管理体制の構築はより一層重要になっていきます。

 

サプライチェーンと経営管理 経営戦略の考え方

経営全体に関わってくるサプライチェーン。

4P分析で知られているマーケティングの4Pという要素があります。

Product(プロダクト:製品)、Price(プライス:価格)、Place(プレイス:流通)、Promotion(プロモーション:販売促進)の4つの側面で、企業は競合他社との差別化を図っています。

これらの要素にサプライチェーンは大きな役割を果たします。

 

経営戦略を立てていく際には「顧客サービス」「販売チャネル」「バリューシステム」

「オペレーションモデル」「資産配置」という5つの要素が基本要素となります。

 

顧客サービス

顧客のタイプそれぞれに合わせたデリバリーのスピードや正確さ、柔軟性に関する提供レベルを設定します。

 

販売チャネル

顧客が自社の製品やサービスをどのように発注して、どのように受け取るのかをターゲットとする市場や地理的な条件を踏まえて設計します。

 

バリューシステム

サプライチェーン全体の中で、自社・パートナー企業がそれぞれ担当する役割を明確に設定します。

 

オペレーションモデル

製品やサービスをどのように生産するかといったそれぞれの意思決定を総合したものです。

 

資産配置

工場や倉庫、サービスなどの有形資産と人材や情報システムなどの無形資産をサプライチェーン全体の中で、どこにどれだけ割り当てるかを明確に設定します。

 

これらのどれか1つだけに着目して、他の要素は検討しないこともありますが、注意しておくべきポイントがあります。

例えばコストを抑えることに成功しても、顧客サービスを満たせなくなったなどということも十分に考えられるからです。

 

戦略的なメリットをサプライチェーンから高く引き出すためには、各要素を全体の一部として捉えることが重要となります。

 

サプライチェーンマネジメントの役割と必要になる背景について

サプライチェーンマネジメントの役割

サプライチェーンマネジメント自体はそれほど新しい手法ではありません。

なぜ、再びサプライチェーンマネジメントが注目されているのでしょうか。

ここでは、サプライチェーンマネジメントの果たす役割と、必要になる背景についてご説明します。

 

サプライチェーンマネジメントが果たす役割

サプライチェーンマネジメントの役割は、サプライチェーン全体を最適化することで無駄を省き、効率化を図ることです。

リアルタイムで情報を共有し、状況に応じた改善を行います。

これらを徹底していくことで、それぞれのプロセスにおいて過剰在庫を減らし滞留時間を短くすることが可能です。

各プロセスの滞留時間を短くすることで、原材料の発注から消費者の手に届くまでの時間を短縮できるため、消費者の満足度向上にもつながります。

 

なぜサプライチェーンマネジメントが必要になってきたのか

サプライチェーンマネジメントが必要になった背景には、いくつかの要因があります。例えば、サプライチェーンの多様化です。

企業のグローバル化が進み、調達・生産・物流・販売のネットワークが世界規模で行われることが一般的になりました。

そこにはさまざまな国のさまざまな企業が関わっています。

このような状況下では、サプライチェーン全体の管理を行い、確実に情報を共有することが、リスクヘッジとして求められます。

サプライチェーン全体をマネジメントすることで、無駄なトラブルを防ぎ、またもしトラブルが発生しても素早く対応しやすい体制を作ることができます。

また、サプライチェーンマネジメントが必要なもうひとつの要因として、ビジネスモデルの変化も挙げられます。

一昔前は、大量生産大量消費の時代で、より多くの製品を効率よく生産することを求められていました。

しかし、現在は必要以上に製品を作っても現金化されない在庫が増えるばかりです。

こういった状況では、製品を大量に作るよりも、市場のニーズに合わせて必要なものを必要な分だけ作ることのほうが重要です。

そのために、需要予測などの需要関する情報をサプライチェーン全体で共有し、競争力をつけようという企業が増えています。

 

事例から学ぶサプライチェーンマネジメントの課題

サプライチェーンマネジメントの課題

2000年前後に第一次サプライチェーンマネジメントのブームが起きましたが、多くの企業が期待していた程の結果を出せなかったと言われています。

その原因は企業によってさまざまですが、「企業間での利害対立」や「サプライチェーンマネジメントへの参画意識の薄さ」など、ある程度共通する課題もあったようです。

サプライチェーンに連なっている企業には、それぞれ抱える事情があります。

それらをサプライチェーンの一組織がマネジメントすることは簡単ではありません。

そこには必ず各企業の利害が絡むからです。そのため、「システム導入すれば上手くいく」という単純なやり方では、思うような結果につながりませんでした。

また、もともと販売や生産などの部門ごとに、それぞれがそれぞれの目標や計画に沿って業務をしているため、サプライチェーンという大きな枠組みに参画している意識が希薄で、システムが定着しないということもあったようです。

システムを理解し、定着させられる技術を持った人材が不足していたケースなどもありました。

サプライチェーンマネジメントのシステムを導入したからといって、すぐに結果に結びつくものではありません。

運用に合わせ組織レベルでの改革が必要あり、システム導入を目的にしてしまう危険性を理解したうえで取り組むことが大切です。

 

サプライチェーンマネジメントで実現する効率的な経営

サプライチェーンマネジメントの経営

サプライチェーンマネジメントで効率的な経営が実現するメリットがありますので紹介していきます。

 

リードタイムの短縮が図れる

製品の幅広いサイズやカラーを陳列することで顧客からの質問を減らしたり、メニューを1つや数品に絞ることで仕込みや調理器具の簡易化を図ったりすることができ、作業開始から終了するまでのリードタイムを短縮することができます。

 

在庫を減らすことができる

サプライチェーンマネジメントの視点から最適な在庫量を季節や天気予報などの情報をもとに割り出すことができます。

 

経営が安定する

サプライチェーンマネジメントで節約できた時間・労力・コストをかけるべきポイントに回して営業支援が図れますので、営業活動に専念して受注につながり売上が伸びやすくなるでしょう。

また、直接経費や間接経費の削減にもなりますので、粗利が向上して経営が安定します。

 

おわりに

以上、サプライチェーンマネジメントの役割や必要となった背景、課題について、説明してまいりました。

ご説明した内容を簡単にまとめると、

サプライチェーンとは、製品を作る際の「原材料の仕入れ」からはじまり、「材料の加工」「部品の組み立て」などを経て、消費者の手に渡るまでの供給の流れ全体を指した言葉になります。

 

またサプライチェーンマネジメントとは、サプライチェーン全体を管理し最適化していくことです。

 

自社の強みを活かして利益を得るために強みをよく知り、サプライチェーンをどの部分で外製化または内製化するのか、これらの要素は競合や自社のビジネスモデルによって大きく変わります。

 

サプライチェーンの視点を経営戦略の考え方に取り入れることとは、

顧客サービス、販売チャネル、バリューシステム、オペレーションモデル、資産配置といった各要素を全体の一部として捉えることで、戦略的なメリットをサプライチェーンから高く引き出すことができます。

 

サプライチェーンマネジメントが果たす役割とは、サプライチェーン全体を最適化することで無駄を省き、効率化を図ることです。

 

サプライチェーンマネジメントが必要になった背景には、「サプライチェーンの多様化」「ビジネスモデルの変化」があります。

 

サプライチェーンマネジメントで実現する効率的な経営のメリットには、リードタイムの短縮、在庫の削減、経営の安定などがあります。

 

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます