1分でわかる! 生産スケジューリングの最適化問題を解くSolverオプション

2022.09.01S0: Solverオプション(最適化) , X4:漫画でわかる生産スケジューリング

Solverオプションは、高難度のスケジューリング問題を解く生産スケジューリングロジックです。

現在、Solverオプションには以下のロジックがあります。

 ■組立ラインの投入順序を最適化するスケジューリング [S1]
 ■炉や槽の詰込みを最適化するスケジューリング [S2]
 ■納期遅れと段取りを同時に最小化するスケジューリング [S3]
 ■欠品せずに在庫を最小化するスケジューリング [S4]
 ■ループコンベアの投入順序を最適化するスケジューリング [S5]
 ■残業時間を最適化するスケジューリング[S6]
 ■基準生産計画を最適化したい [S7] 

 上記の既存のロジックで問題が解けないときは、Solver PoC(Proof of Concept)により、新ロジックを開発可能です。Solver PoCは、お客様の要件に応じて、Asprova社がロジックを開発し、お客様のデータで実証実験し、ロジックの有効性を検証します。開発されたロジックはSolverの標準機能の一つになるため、お客様に開発費用の負担はありません
開発結果にご満足いただければ、購入して使用できます。ご不満ならば購入する義務はありません。

では「1分でわかるSolverオプション」をご覧ください。

 

 

 

技術革新や予測不能な外的要因に迅速に対応できるよう製造業務においては、より一層生産プロセス全体の改善と生産効率向上が求められています。 データやデジタル技術を活用し、生産リードタイム短縮や在庫・コスト削減などを実現する製造現場におけるDX推進の一つとして、生産スケジューラの導入がカギとなります。 次のページでは、生産スケジューラ導入によって具体的にどのような業務改善が実現したのか導入企業の事例もご紹介しています。ぜひご参考にしてください。 img_banner_aps
The following two tabs change content below.