生産計画の課題を解決?生産スケジューラ導入について

2021.04.22生産管理

生産計画

工場の生産性向上のために導入が進んでいるツールとして、生産スケジューラが挙げられます。

このツールが必要とされる背景には何があり、導入した企業はどのような点に魅力を感じているのでしょうか。

この記事では、生産スケジューリングにおける課題や、それを解決するための生産スケジューラの必要性、その導入メリットを解説します。

 

生産計画においての課題

消費者ニーズの変化や製造業を取り巻く環境の変化によって、生産スケジューリングは大きく2つの課題を抱えています。

 

1)業務が属人化しやすく引き継ぎにくい

1つ目は、生産スケジューリング業務が属人化することにより、業務の引き継ぎリスクが高まっている点です。

製造現場や仕入れ先の状況に合わせた計画作成をおこなう専門性の高い業務なだけに、担当者のみにノウハウが集約されやすい環境になりがちです。

製造業において人手不足が顕著になる中で、生産スケジューリングのノウハウをどのように引き継ぎ、後継者を育てていくかが課題になっています。

 

2)スケジューリングの専門性が高く柔軟性を欠く

2つ目は、突発的な対応で現場が混乱しがちだという点です。

生産設備の不調や突然の欠員、パーツの納期遅れなど、現場は常にトラブルとの闘いです。

上記のように専門性を要する仕事なだけに、スケジュールを組み直すことは簡単ではありません。

急な対応で特定の担当者だけに負担がかかっている状況は、精度の高い計画作成に適した環境とはいいがたいです。

また、そのような環境が次のトラブルを生み、悪循環から抜け出せなくなる可能性もあります。

 

生産スケジューラの必要性

上記の2つの課題に共通しているのは、生産スケジューリングが属人化してしまっている点です。

専任の担当者のみで業務が完結してしまっているため、後継者へノウハウの引き継ぎができなかったり、担当者への負担が大きくなっていたりします。

属人化を解消するためには、管理している業務を可視化し、誰が見てもわかる環境を作ることが重要です。

また、それらを整理し、可能な限りシステマチックに計画に落とし込める作業ができなくてはいけません。

 

この2つの機能を併せ持っているのが生産スケジューラです。

生産スケジューラを導入することで、時代の変化に合わせたアップデートを製造現場にもたらすことができます。

 

生産スケジューラを導入して得られる効果

生産スケジューラ導入の効果は属人化の解消だけに留まりません。

具体的には以下の効果が期待できます。

・設備や人員などをリソースごとに秒単位で管理することで、徹底的に無駄を減らし稼働率向上が図れる

・複数シナリオに基づく計画立案によって進捗状況に合わせた対応でき、弾力的な生産体制を構築できる

・計画立案業務が効率化・可視化されるため、納期をすぐに回答できないことによる失注などを防げる

・工程情報を共有化することで欠品や納期遅れの改善がおこなえる

このように生産スケジューラを導入することで、生産スケジューリングを中心としたさまざまな業務の改善をおこなうことができます。

 

おわりに

以上、生産スケジューラ導入について説明してまいりました。

ご説明した内容を簡単にまとめると、

生産計画においての課題とは、

1)業務が属人化しやすく引き継ぎにくい

生産スケジューリング業務が属人化することにより、業務の引き継ぎリスクが高まっている点です。

2)スケジューリングの専門性が高く柔軟性を欠く

突発的な対応で現場が混乱しがちだという点です。

以上の2点が挙げられます。

生産スケジューラの必要性としては、生産スケジューラを導入することで、属人化してしまっている生産スケジューリングを時代の変化に合わせたものにアップデートさせられる点にあります。

 

また生産スケジューラを導入して得られる効果としては、以下が挙げられます。

・設備や人員などをリソースごとに秒単位で管理することで、徹底的に無駄を減らし稼働率向上が図れる

・複数シナリオに基づく計画立案によって進捗状況に合わせた対応でき、弾力的な生産体制を構築できる

・計画立案業務が効率化・可視化されるため、納期をすぐに回答できないことによる失注などを防げる

・工程情報を共有化することで欠品や納期遅れの改善がおこなえる

 

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます