生産ライン最適化 「ラインバランシング」とは

2021.02.05生産管理

ラインバランシング

工場における生産ライン最適化の手段として、ラインバランシングという方法があります。

ラインバランシングは、ピッチダイアグラムと呼ばれる図を作製することで、生産ラインの各作業ステーションにおける作業バランスを可視化します。

作業バランスを均等にすることで、工場全体の生産性の向上を図るのがラインバランシングの役割です。

今回はラインバランシングの概要を説明し、分析の手順をご紹介します。

 

ラインバランシングとは

ラインバランシングでは、生産ラインの各作業ステーションにおける作業量を均等化し、作業時間の差をなくします。

これにより、生産ライン全体が滞りなくスムーズに流れる状態を作るのがラインバランシングです。

 

ラインバランシングでは、「各作業にどれくらいの時間がかかっているのか」「何人で作業しているのか」など、生産ラインのデータが必要です。

これらを計算し、ラインバランス効率を評価します。

分析の手順は後述します。

 

ラインバランシングを行う目的

ラインバランシング

ラインバランス効率の低い生産ラインは、各作業ステーションに無駄が多いということになります。

例えば、工程1の作業時間が長く、工程2の作業時間が短い場合、工程2の作業者は常に工程1の作業が終わるまで待たなければいけません。

二つの工程の作業量や人員などを見直し、工程1と工程2の作業時間を均等にできれば、工程2の無駄な待ち時間がなくなります。

 

このように、ラインバランス効率を改善することで生産ライン全体の効率化・最適化を図るのが、ラインバランシングを行う目的です。

ラインバランス効率を改善しロスを減らすことは、製造できる製品数の増加にもつながりますし、労務費を削減にもつながるでしょう。

 

ラインバランス分析 その手順

ラインバランシング分析

ラインバランス効率を改善するためには、ラインバランス分析を行う必要があります。

ラインバランス分析は以下のような手順です。

 

  • 生産ラインにおける各作業ステーションの作業時間を測定
  • 測定データをもとにピッチダイアグラムを作製
  • ピッチダイアグラムを参照しながら、問題点の発見・改善を行う

 

はじめに各作業ステーションの作業時間を測定。これらのデータをもとにピッチダイアグラムを作製します。

 

ピッチダイアグラムとは、縦軸に各作業ステーションの作業時間、横軸にそれぞれの作業ステーションを並べ、それぞれの作業ステーションにおける作業時間を一覧できるようにした図です。

以下の図では、工程1に時間がかかっており、工程2、3には待ち時間が発生してしまっているのがわかります。

ピッチダイアグラム

また、生産ラインのバランスを評価するためにラインバランス効率を算出します。

ラインバランス効率を計算するためにはピッチタイムが必要です。

ピッチタイムは、各作業ステーションにおける作業時間の最大値です。

ラインバランス効率を算出する式は以下のようになります。

 

ラインバランス効率=(各作業ステーションの作業時間の合計/ピッチタイム×工程数)×100

 

このラインバランス効率が100%に近づくほど、無駄のないスムーズな生産ラインと言えます。

 

おわりに

今回はラインバランシングについて説明しました。

ご説明した内容を簡単にまとめると、ラインバランシングとは、生産ラインの各作業ステーションにおいての作業量を均等化して、作業時間の差を無くし、スムーズに流れる状態を作ることを指します。

 

ラインバランシングを行う目的とは、ラインバランス効率を改善することで生産ライン全体の効率化・最適化を図ることです。

 

ラインバランス効率を改善するために、ラインバランス分析を行う必要があります

ラインバランスの分析手順とは、

 

  • 生産ラインにおける各作業ステーションの作業時間を測定

 

  • 測定データをもとにピッチダイアグラムを作製

 

  • ピッチダイアグラムを参照しながら、問題点の発見・改善を行う

 

このラインバランス効率が100%に近づくほど、無駄のないスムーズな生産ラインと言えます。

 

 

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます