生産管理の基本 生産計画の立て方について

2020.11.30生産管理 , 生産計画

生産計画

生産管理では、生産計画を立案して生産統制を行っていきます。

製品を滞りなく生産していくうえで、生産計画の立て方はとても重要です。

ただ、生産計画の立て方をきちんと学んだことのないという方は以外にも多いもの。

生産計画とはそもそも何かから、生産計画の実際の立て方までを見ていきましょう。

生産計画の位置づけ

製造業は製品を生産・販売することで企業経営を行います。まず経営計画を立て、それに応じて生産する製品・時期・数量が決められます。

生産計画とは、経営計画や販売計画、受注情報などから、何を、いつ、どれだけ生産するかを原価や能力や納期を考慮して立案していく計画のことです。

生産計画とはなにか?

生産計画とは

生産計画とは一体なにか。

生産計画の立て方を知っていくうえで改めて「生産計画」とは何かを理解しなおしておきましょう。

生産計画の定義

生産計画とはなにか。

日本工業規格(JIS)による定義では、「生産量と生産時期に関する計画」のこととされています。

この「生産量と生産時期に関する計画」とは、具体的には以下の3つのことを指します。

・生産する必要のある製品の種類や数量、時期についての計画。

・製品の生産に要する原材料や部品についての計画。

・製造から出荷に至るまでの日程についての計画。

つまり、納期や製造原価を考慮しながら生産する。

その計画のことを生産計画と言うのです。

生産計画の種類

生産計画は、大きく2つの種類に分けることができます。

それぞれの種類について、見ていきましょう。

引っ張り方式(PULL型)

引っ張り方式(PULL型)とは、引き取り生産のための生産計画を作る「生産計画の方法」です。

下流側が上流側にマテリアルの供給を指示してその量とタイミングを通知するしかけのことです。

引っ張り方式(PULL型)をとることの利点は、過剰在庫が出にくくなるということです。

製品の製造ペースや必要量は、後工程で決定されるため、このメリットが生まれるのです。

押し出し方式(PUSH型)

押し出し方式(PUSH型)は、押し込み生産のための生産計画を作る「生産計画の方法」です。

押し込み生産とは、まず生産計画を立て、それを基にした作業計画を立ててから生産をする方法です。

他の工程がどのような状況にあるかに関わりなく、事前に作成した計画通りに作業を進めていきます。

そのため、「押し出し方式(PUSH型)」と呼ばれているのです。

過剰在庫が出やすいという難点はありますが、その代わりに計画通りに進めやすいというメリットがあります。

また、この過剰在庫が出やすいという難点は、生産スケジューラを導入することで解決することができます。

生産スケジューラを導入することにより、工程間を同期した計画立案をすることができます。

生産計画を立てるには

生産計画の立て方

生産計画について改めて理解しなおしたところで、では「生産計画の立て方」を見ていきましょう。

生産計画の効率的な立て方

生産計画を立てる際には、様々なツールを利用します。

それぞれのツールの特徴を把握し、効率的に生産計画を立てましょう。

ツールには、たとえば以下のようなものがあります。

ツール1 PERT図

業務間のつながりを整理して、最短のスケジュールを考える方法が、PERT図です。

大規模なプロジェクトなどで、全体のつながりを把握するのに向いているツールです。

ツール2 ガントチャート

管理工程で使われる棒グラフ。

これをガントチャートと呼びます。

小規模な生産をする際には、ガントチャートを利用する方が、進捗管理がしやすくなるでしょう。

これらツールから適切なものを選び、効率的に生産計画を立てていきましょう。

生産計画(日程計画の分類)

生産計画は、大きく大日程計画・中日程計画・小日程計画の3つに分けることができます。

※大日程計画・中日程計画・小日程計画の詳細については、「大日程・中日程・小日程の生産計画について」の記事にて別途ご紹介しております。

詳しく知りたい方は、そちらの記事をご覧ください。

生産計画を立てるには、この3つの計画を立てていく必要があります。

まずは、6ヵ月から1年ほどの大きな期間を対象とした「大日程計画」。

次に、1ヵ月から6ヵ月を対象とした「中日程計画」。

最後により詳細な「小日程計画」。

生産計画にはこの3つがあります。

この3つの生産計画を立てていくことで、大きな流れをより細かなアクションに落とし込んでいくことができるのです。

生産計画を立てる上での注意点

生産計画を大日程計画・中日程計画・小日程計画と細かく分けるのは、生産においては様々な課題があるためです。

たとえば、

・生産負荷の調節

・納期の変更への対応

・販売計画、在庫計画、購買計画、人員計画、原価計画など、他の計画との調整

・品質に問題が起きた際の対応

などの課題があります。

生産計画を立てる上では、他にも場合によって発生する様々な課題について考慮する必要があります。

計画を細分化し、それぞれの箇所で考えられる課題について過去のデータとの照らし合わせを行いながら、しっかりと対策を立てていくようにしましょう。

おわりに

生産計画の立て方について、ご説明しました。

生産計画を立てる上では、考えられる様々な課題に対処しながらより効率の良い方法を考えていく必要があります。

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます

The following two tabs change content below.

コラム編集部

最新記事 by コラム編集部 (全て見る)