漫画でわかる! 「欠品せずに在庫を下げろ」~安全在庫を考慮した生産スケジュールの最適化とは?

2022.09.14漫画でわかる , 生産スケジューリング

ストーリーの主人公は、業績絶好調の未来製作所の次世代バッテリー工場で生産管理を担当している川上です。川上は毎日、顧客からのオーダ変更に対応して、リスケジュールして現場に生産指示をだします。

社長からは「欠品せずに在庫を下げろ」とだけ言われています。これは意外に難問です。
顧客から突然の追加オーダがきても欠品せず、しかも在庫を最小限にということです。それには、適度な安全在庫をキープする必要があります。

生産スケジューリングは、設備や人員の能力、原料の有無など多くの制約条件を考慮して、使用設備と生産順序を決めます。その制約条件下で、全製品に対して安全在庫レベルを平準化するのは、結構むずかしいのです。
しかも、会社からはDX(デジタル化)が要求され、コンピュータによる生産スケジューリングが望まれています。

そこへ大口得意先のトランステクニカから「現在はオーダの確定期間は2週間ですが、来期からは1週間にします」との通告をうけます。
欠品が頻発すると取引停止の恐れがあります。生産スケジューリングのより高度な即応性が必要になってきました。

どうやってその苦境を解決したのでしょうか?
マンガ動画をご覧ください。

解法・デモンストレーションはセミナーでご覧になれます↓↓↓ https://seminar.asprova.jp/eventlist/aspsolseminar