Asprova MS Light

Asprova MS Lightは、単なる廉価版ではなく、2000工場の生産スケジュール要件を抽出したものです。安易にカスタマイズをすすめる製品がありますが、そのリスクは、はかりしれません。Asprova MS Lightは、導入効果を評価しながら、システム拡張をオプション追加という形で実現できる当社長年の研究の成果です。

Asprova MS Light

 

Asprova MS Lightの特長

▪必要最低限のマスタデータで、生産スケジューリングシステムの構築が可能
▪コストを抑えて短期間導入も可能。
▪追加機能に関しては、オプション(有償)の追加で実現可能。
▪接続APIも保有し、他システムと簡易に接続。
▪多言語対応。

 

基本機能

資源の負荷を平準化させたフォワード、バックワード、フォワード&バックワード混在スケジューリングが可能です。また、各種ウィンドウのGUI機能やデータベース接続機能は、すべて標準機能を装備しています。制限されたロジック機能は、オプション機能として、追加可能であり、すべてのオプション機能を装備することにより、Asprova MSと同じ機能を持つことになります。

 

オプション機能

■自動補充
安全在庫を下回らないようにオーダを自動的に補充する機能です。ロットサイズか、まとめ期間を指定します。

■計画コマンド
リスケジュール実行時の実行内容を指定します。複数の計画パラメタを組み合わせたり作業の並び替えなどの高度な割付けを行なうことができます。

■副資源
作業員や冶具などを伴った割付けが可能になります。

■分岐工程
分岐工程の割付けが可能になります。

■作業分割
分割数、分割比率、ロットサイズなどを指定して作業を分割することができます。

 

一部の連携ソリューションで必要なオプション機能

■計画パラメタ
資源優先度、負荷平準化、納期遅れ最小化、段取り時間最小化などの優先度のほか、無限能力割付け、オーダ、工程の絞込み割付けなどを指定します。


Asprova MS Light紹介資料は下記から。

日本語 英語 タイ語 インドネシア語

Asprova MS Lightの無料体験はこちらになります(会員登録が必要になります。)
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をお願いします。

※Asprova Ver.6.2.1以降のAsprovaインストーラにてAsprovaをインストールして頂いた後で、Asprova MS Lightに切り替えてお試し頂くことが出来ます。