生産スケジューラ導入効果事例 ~属人化の解消~

2022.08.29生産スケジューリング , 生産管理 , 生産計画

属人的な生産計画の立案では個人の経験や勘に頼り、ノウハウの共有や業務の標準化ができません。生産スケジューラを導入することで、誰でも高い精度の生産計画を手作業よりも早く立案することができます。

本記事では、生産スケジューラを導入したことで計画立案の属人化を解消することができた事例をご紹介します。

生産計画業務の属人化における課題

こちらでは、生産スケジューラの導入により属人化が解消できた事例をご紹介します。

改善事例1:本来の業務を行うことができるようになった

企業名  :アリアケジャパン株式会社 様

URL     :https://www.asprova.jp/casestudies/ariakejapan.html#h22

課題:業務の属人化と社員の高齢化が深刻な問題

ベテラン社員の経験によって生産計画を立案していましたが、日程・品目の書き換え作業やチェック作業に1日を要していただけではなく、生産計画の立案作業を交代できる人員がいなかった点が課題です。

また、立案者の高齢化が進んだため、後継者の育成も課題として挙げられていました。

生産スケジューラ導入後の効果:製造現場に任せきりだった生産調整を生産管理で引き取ることができた

計画立案の脱属人化を実現し、ミスなく高精度な生産計画の立案ができるようになっただけではなく、シミュレーションも実施できるようになりました。

改善事例2:生産計画の立案や変更に多くの時間を要していた

企業名  :富士シート株式会社 様

URL     :https://www.asprova.jp/casestudies/fujiseat.html

課題:手作業での生産計画では多くの時間ややり直しが発生する

生産計画を立案する際には、在庫・金型・生産量・プレス機を考慮しなければなりません。

また、下記のようなイレギュラー事項が発生した場合には、生産計画を組み直さなければならず、一度立案した生産計画をバラバラにして再度立案していました。

  1. 金型の欠損
  2. 設備の故障
  3. 部品の不良
  4. 欠品の発生

それらを手作業で行っていたため多くの時間を要していただけではなく、生産計画の精度にも懸念がありました。

生産スケジューラ導入後の効果:専門家でなくても、生産計画の立案、変更ができるようになった

生産スケジューラを導入したことで生産計画のシステム化を実現することができました。

それに伴い、経験則にしたがって手作業で作成する必要が無くなっただけではなく、現場管理者が管理業務に専念することができるようになりました。

生産スケジューラを利用し、誰でも生産計画業務を行えるように標準化しよう

 

 

生産スケジューラを導入することで、属人的な生産計画の立案から脱却し、業務の標準化が図れます。誰でも高精度な計画を手作業より早く立案出来、生産計画立案にかかる労働時間の削減が可能となります。

おわりに

本記事では、生産スケジューラを導入したことで属人化を解消することができた事例をご紹介しました。

計画業務が属人化してしまうと、個人の経験や勘頼みとなり、ノウハウの共有や業務の標準化が困難になります。特定の社員しか生産計画を立案することができない場合、担当者は休みを取ることができないな負担も大きくなります。

また、手作業による生産計画の立案では精度が低いだけではなく、立案や変更に多くの時間が必要となります。

生産スケジューラを導入することで誰でも高精度な生産計画を手作業よりも短い時間で立案することができるようになるため、余裕ができた時間を本来の業務や社内のイノベーションに充てることができるようになります。

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます

タグ : 属人化解消 生産スケジューラ
The following two tabs change content below.