事例と見る生産スケジューラ導入 ~機械・器具編~

2022.06.17生産スケジューリング , 生産管理 , 生産計画

機械・器具の課題

機械・器具の中には個別受注生産や別注といった、量産型ではないものも多く含まれます。
大型の機械などでは部品点数も多くそれぞれをタイミングよく効率的に生産、調達できるよう検討しなければなりません。本記事では、機械・器具メーカーが生産スケジューラを導入したことによる改善事例をご紹介します。

機械・器具製造工場の課題

機械・器具製造工場における生産の課題には、オーダーごとに別注対応を行わなければならないものが含まれる点が挙げられます。
たとえば、生産リードタイムが長期にわたる大型の機械・器具では、仕様が完全に決まっているものばかりではなく、マスタ設定も困難なものも含まれます。
また、設計変更などによる計画変更が発生し、手作業による生産計画では都度調整や進捗管理といった作業に多大な工数が発生します。

生産スケジューラ導入で改善できたこと

生産計画の実現

こちらでは、機械・器具製造業界で生産スケジューラを導入して業務改善を行えた事例を2点ご紹介します。

改善事例1:最適な生産計画の実現

株式会社三井E&Sマシナリー(元三井造船株式会社) 様

課題:短期・中期・長期の一貫計画立案の実現

同社の受注状況は世界の景況により左右されるため不安定で、また短期・中期・長期計画の立案は生産効率改善のためには急務となっていました。
以前はそれらに対応をするためにはベテランのスキルや知識に依存していましたが、より精度が高い、実現可能な生産計画を立案する必要があった点が課題です。

生産スケジューラ導入後の効果:ベテランのスキルや知識に頼った生産計画業務からの脱却

生産スケジューラ導入後、「工程の漏れの防止」と「工程間の違反のアラーム表示」に重点を置いて運用を開始しました。
ベテラン社員のスキルや知識も参考に、後継者がマニュアルで調整する作業を行うことで、生産計画立案を標準化することができました。

改善事例2:スケジューリングの自動化により修正回数を削減

三菱重工業株式会社 様

課題:高クオリティな生産計画の作成を標準化させたい

同社では、長年にわたり人手による生産計画の立案を行っていました。
その結果、納期遅れだけではなく完成見通しが立てられない、頻繁なスケジュール調整といった作業が発生していました。
そのため、できるだけ人手による作業を無くし、効率よく高クオリティな生産計画を立案することが課題となっていました。

生産スケジューラ導入後の効果:短時間で生産計画の立案を実現

生産スケジューラを導入することで、短時間で効率良く実現可能な生産計画を立案することができるようになりました。
また、3年以上にわたる計画立案および負荷調整も可能となり、早い段階での納期遅れなどの問題発見、対処を行うことができています。

生産スケジューラ導入で短・中・長期計画の実現が可能に

短・中・長期計画の実現が可能
生産スケジューラを使用することで、短・中・長期計画の立案・連携が可能となります。
商品や部品により生産量や時間が異なるため、目視ではムダやミスが発生しやすい管理も生産スケジューラを導入すれば各工程を可視化するだけではなく、調整も容易になるため生産計画業務の標準化が実現されました。

おわりに

本記事では、機械・器具のメーカーが生産スケジューラを導入したことによる改善事例をご紹介しました。
機械・器具業界は個別受注生産で別注など固有の仕様も多く、実現可能な計画立案や在庫削減、生産リードタイムの短縮が課題となります。
下記、生産スケジューラを導入することで解決することができる課題の一例です。

  • 短期・中期・長期の一貫計画立案の実現
  • 精度の高い生産計画の作成を標準化
  • 頻繁なスケジュール調整工数の削減

生産スケジューラを導入することで、誰でも精度の高い実現可能な生産計画を立案することができるようになります。

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます

タグ : 器具 業務の標準化 機械 生産スケジューラ