大日程・中日程・小日程の生産計画について

2020.11.30生産管理

日程の計画

生産管理において重要な日程計画。

日々多忙な業務に追われる管理職の方々は、その重要性は理解しているつもりでもついつい日程計画が軽視されたスケジューリングをしてしまうということもあるのではないでしょうか?

そんなときは初心に戻り、日程計画の重要性を改めて見つめなおしてみましょう。

大日程計画・中日程計画・小日程計画の3つの生産計画について、こちらの記事でご紹介します。

 

期間別生産計画?

大日程計画・中日程計画・小日程計画、この3つの生産計画を総称して、「期間別生産計画」と呼びます。

生産計画とは何なのか。

とても簡単に言うと、生産計画は「予定表」ということができます。

製品を効率よく手掛けて、欠品が出ることのないように補給を行い、需要を見ながら販売を行っていく。

このための予定表が、生産計画なのです。

そのため、生産計画を立てる上では、「期間」について考えることがとても重要なのです。

だからこそ、期間別生産計画は「大日程計画」・「中日程計画」・「小日程計画」と期間によって分けて考える必要があります。

 

期間別生産計画1 大日程計画

大日程計画

期間別生産計画の基本となるのが、「大日程計画」です。

生産や目的の基本方針。

6ヵ月から1年、場合によっては数年規模の長期的な生産や戦略に関する計画です。

この日程計画は、予測から立案していくことになるのが、その特徴です。

過去の実績などのデータを基に、納品量や受注量を予測して計画を立てていきます。

「長期での人員計画」や「生産能力計画(生産量の予測を達成するための設備投資計画のこと)」、「現製品の改良や新製品の開発に関わる計画」によって、大日程計画は構成されています。

 

期間別生産計画2 中日程計画

大日程計画を作成することで、中日程計画が立てられるようになります。

大日程計画の内容に基づいて、1ヵ月から6ヵ月の内容にし、部門別の生産を決めていきます。

1ヵ月単位の内容で考えられることが多いため、「月次計画」とも呼ばれます。

毎週見直しを行い、修正しながら実行していくことが多いことが特徴です。

また、実際に受注した注文データを基に、製造量や製造ペースを計画していくことも、その特徴だと言えるでしょう。

主としては、設備や在庫、人員や外注などの製造現場をサポートするようになっています。

そのため、「人員計画(シフト計画)」、「月別生産計画」、「部品・原材料の調達計画」、「生産能力計画」などによって、構成されています。

 

期間別生産計画3 小日程計画

小日程計画

中日程計画の後に、小日程計画を立てていきます。

小日程計画では、毎日の作業の計画を立てます。

最も細分化された状態の計画であるため、現場に近くその内容も複雑です。

効率的な製造指示を出すためには、この小日程計画が不可欠ですが、作成には十分な知識が必要です。

「生産ライン」、「製造条件」、「生産性」、「生産能力」などの様々な要素を考慮したうえで、それぞれの計画を立てていく必要があるためです。

 

生産スケジューラの導入

より適切に生産計画を立て、運用していくために、昨今では多くの企業が生産スケジューラを導入しています。

生産スケジューラでは、予め用意した計画シナリオを実行し、手動調整することで、効率的な立案ができ短いサイクルで計画の見直しが可能になります。

大日程計画・中日程計画・小日程計画は、それぞれに影響を与え合っています。

そのため、人の手だけでどれだけ慎重に手掛けたとしても、矛盾やミス・抜けなどが起きやすいのです。

これらの点を考慮すると、やはり生産スケジューラを導入したほうが良いと言えるでしょう。

 

おわりに

大日程計画・中日程計画・小日程計画について、ご説明しました。

本記事を参考に、ぜひとも効率的な生産計画の立案・実行をしてください。

そのためには、生産スケジューラの導入が効果的ですので、ご興味のある方はぜひ一度検討してみてください。

 

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます