漫画でわかる! 熱処理工程などバッチ生産の最適化は兆京を超える膨大な「組合せ最適化問題」

2022.09.08漫画でわかる , 生産スケジューリング

ストーリーの主人公は、未来製作所 金属加工工場の熱処理工程担当の青木です。
金属加工工場は、生産スケジューラAsprovaを導入して、すでに運用をはじめています。しかし、熱処理工程はバッチ生産、つまり、複数の部品をまとめて処理するという特殊な工程です。そのまとめ方はAsprovaの標準機能では不可能だったため、今だに青木がExcelを用いて手作業で生産スケジュールを作成しています。

青木は言います。「たとえば、5個から2個をえらぶ組合せは10通りあります。それでは、50個から20個をえらぶ組合せは何通りあるでしょうか? 47兆以上です。これでは、コンピュータを用いてもなかなか最適な組合せはだせません

青木はKKD(勘と経験と度胸)で、今日2時間かけてスケジュールを作成していました。しかし、一旦計画しても、その後にオーダ変更があると、また組み直しに2時間かかります。

非常にストレフルな仕事ですので、ぜひともコンピュータ化したいのです。最新のIT、AIを用いてなんとかならないでしょうか?
そこに中国生まれの天才プログラマー リンが登場します。リンは、この難問をどう解決するのでしょうか?

マンガ動画をご覧ください。

解法・デモンストレーションはセミナーでご覧になれます↓↓↓ https://seminar.asprova.jp/eventlist/aspsolseminar