生産スケジューラ導入効果事例 ~計画作成の効率化~

2022.08.02生産スケジューリング , 生産管理 , 生産計画 , 計画作成
計画作成の効率化

生産スケジューラを導入することで、設備の稼働状況や人員配置などを見える化することができるため、生産効率を改善することができます。

本記事では、生産スケジューラを有効活用した計画作成の効率化について、事例を用いてご説明します。

 

生産計画の変更にも柔軟に対応するための課題

効率良く生産計画を行う理由には、下記のような課題に迅速に対応し、解決することが挙げられます。

  • 納期が非常に短いオーダ
  • 特急オーダや不良品が発生した際の再調整
  • 計画担当者の経験に頼りがちな生産計画の作成
  • 製品数の増加
  • 多品種、小ロット化

生産スケジューラ導入で改善できたこと

計画立案要員

改善事例1:計画立案要員・作業時間を大幅に削減

共進電子股份有限公司 様

https://www.asprova.jp/casestudies/twsz.html

課題:表計算ツールでの生産計画作成が限界に達した

以前は表計算ツールで生産計画を作成していましたが、さまざまな部門に分かれているため、全体の最適化ができていませんでした。

オーダ納期回答、進捗状況、在庫情報管理など一元化管理ができていなかったため、生産計画の作成、調整が大きな負担となっていました。

 

生産スケジューラ導入後の効果:計画効率改善により、さまざまな課題を解決

生産スケジューラを導入したことにより、下記の成果を得ることができました。

  • MPS、PCBA、組立計画を立案する要員を、それぞれ1名減少
  • 計画効率(PC部門)を50%向上、計画時間を5~8時間/人日短縮
  • 材料計画部門2人を減らし、計画効率(MC部門)を90%向上、計画時間を9時間/人日を短縮

 

 

改善事例2:納期の事前把握と営業への回答、飛び込みへの迅速な対応が可能に

株式会社T&K TOKA 様

https://www.asprova.jp/casestudies/tk-toka.html

課題:手作業による生産計画立案からの脱却

担当者が手作業に近い状態で週単位の生産計画を作成していましたが、生産量の増加に伴い、時間がかかるだけではなく、どうしても精度の低い生産計画が作成されるようになりました。

その結果、生産が追い付かない、明確な納期返答ができないといった問題が発生していました。

 

生産スケジューラ導入後の効果:少ロット多品種生産や、飛び込みの対応が可能となった

生産スケジューラを導入することにより、手作業で作成する週単位のスケジュールよりも、迅速な生産スケジュールの変更が可能になりました。

また、生産拠点が増えても生産計画の立案者を増員しなくて済むため、人件費による経営の圧迫も抑えられています。

 

生産スケジューラを使用して効率よく生産計画を立案しよう

迅速に変化に対応することもできる

生産スケジューラを使用することにより、高精度な生産計画の立案ができるようになるだけではなく、計画立案者の負担を減らし、納期回答や遅延といった課題や要望に迅速に対応することができるようになります。

高精度で実現可能な生産計画を立案することで、下記の課題を解決することができます。

  • 在庫コストの削減
  • 生産計画の立案者、現場の作業員といった人件費の削減
  • コスト削減による、経営の圧迫を緩和

おわりに

本記事では、生産スケジューラを導入したことによる計画作成の効率化についてご説明しました。

高精度な生産計画を立案する目的は、下記の課題を解決するためです。

  • 納期が非常に短いオーダ
  • 特急オーダや不良品が発生した際の再調整
  • 計画担当者の経験に頼りがちな生産計画の立案
  • 商品数の増加
  • 多品種、小ロット化

 

従来のように手作業で生産計画を立案した場合、多くの時間を要するだけではなく計画の精度も低くなります。

高精度で実現可能な生産計画をもとに生産活動を行うことで、下記の課題を解決することができます。

  • 在庫コストの削減
  • 生産計画の立案者、現場の作業員といった人件費の削減
  • コスト削減による、経営の圧迫を緩和

 

生産スケジューラを有効に活用し、効率良く生産ができるように計画を立案しましょう。

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます

タグ : 生産スケジューラ 計画作成
The following two tabs change content below.