生産スケジューラ導入効果事例 ~迅速な計画変更対応~

2022.08.03生産スケジューリング , 生産管理 , 生産計画
迅速な計画変更対応

数量や納期の変更、または急な設備故障などが原因で生産計画の変更を余儀なくされることもあるかと思います。

生産計画は実現が可能なものに変更しなければなりませんが、どのようなポイントに気を付けなければならないのでしょうか。

本記事では、生産スケジューラを利用した迅速な計画変更対応について、事例を用いてご説明します。

迅速に生産計画を変更する際の課題

生産計画が変更となる状況には、下記のようなものがあります。

  • 需要の変動
  • 受注先からの変更依頼
  • 急な設備故障

 

生産計画の変更に必要なのは迅速な対応だけではなく、実現可能な変更案を作成することも含まれます。

手作業や精度が低い生産スケジューラを使用して計画変更を行うと、実現の難しい計画が作成されることがあります。

その結果、原材料不足や設備や納期回答の不正確さ、作業者のキャパオーバー、納期遅れといった、生産活動に関するさまざまな課題が発生する原因となります。

 

生産スケジューラ導入で改善できたこと

リードタイムの短縮や滞留在庫の減少

改善事例1:高精度かつリスケジュールの速さを実現

西川ゴム工業株式会社 様

https://www.asprova.jp/casestudies/nishikawa-rbr.html

 

課題:計画立案に多くの時間を要すため、リスケジュールやシミュレーションを都度行えず計画精度が低い

多品種生産で、手作業による生産計画の作成・変更では、多くの時間を必要とします。

そのため、計画変更の際にも、リスケジュールやシミュレーションが都度行えないことが多く、精度の低い生産計画となってしまう点が課題です。

 

生産スケジューラ導入後の効果:実現可能な計画を高速に立案、見やすさを実現

生産スケジューラを導入したことにより、実現可能な精度が高い生産計画の作成・変更を自動で高速に行うことができるようになりました。数週先までの機種毎の負荷の見える化など先々の計画のシミュレーションが可能になりました。

また、下限在庫の設定により、製品在庫が金額ベースで約90%削減することができたことも大きな成果であると言えます。

改善事例2:納期の変更に迅速に対応可能に

岡本製襪(張家港)有限公司 様

https://www.asprova.jp/casestudies/okamoto.html

課題:手作業による計画変更のため、生産計画の精度が低くなる

季節の影響を受けやすい商品を扱っているため、生産納期の変更などをオーダーされることがあります。そのためには原材料の量や設備の稼働状況を把握しなければなりませんが、現場に行かなければ確認できない状況で時間がかかり、必要とするタイミングで計画の見直しができず、計画精度に課題がありました。

 

生産スケジューラ導入後の効果:需要の変化、リードタイムの短縮、滞留在庫の減少を実現

生産スケジューラを導入したことにより、下記の成果を得ることができました。

  • 需要や納期の変化への対応
  • リードタイムの短縮
  • 原材料の手配精度の向上
  • 滞留在庫の減少
  • ベテランのスキルや知識に依存しない計画変更

 

迅速な生産計画の変更に対応するには生産スケジューラが必要

生産スケジューラが必要

手作業では多くの時間を要する生産計画の変更も、生産スケジューラを使用すれば高い精度の生産計画を高速に再立案することが可能となります。

また、多品種少量生産など、現在の需要に合った生産計画を立案することができ、在庫の削減や必要な原材料も把握することができるようになります。

 

おわりに

本記事では、生産スケジューラを利用した、迅速な計画変更への対応についてご説明しました。

生産計画が変更となる状況には、下記のようなものがあります。

  • 需要の変動
  • 受注先からの変更依頼
  • 急な設備故障

 

また、ただ迅速に生産計画を変更するだけではなく、変更後の生産計画が実現可能なのかも重要なポイントです。

生産スケジューラを導入したことにより、下記の成果を得ることができました。

  • 需要や納期の変化への対応
  • リードタイムの短縮
  • 原材料の手配精度の向上
  • 滞留在庫の減少
  • ベテランのスキルや知識に依存しない計画変更

 

生産スケジューラを有効活用して生産計画の変更にも柔軟に対応しましょう。

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます

タグ : 生産スケジューラ 計画変更
The following two tabs change content below.

コラム編集部

最新記事 by コラム編集部 (全て見る)