LONDON to CAIRO 自転車の旅 1982/8/16~8/19

<<戻る| 8/16~8/19 |次へ>>

GREECE
8/16
 6時少し前におきる。もう明るい。パンとビスケットを食べて、7:00に出発。ギリシアの景色はすばらしい。低い山々と美しい海や湖がうまくマッチして、ギリシアの景色はできている。それから農園と。
 AgrinionのCAFEにいる人たちが僕を呼ぶのでいくと、ビールを飲ませてくれた。こういうときはゆっくりしよう。結局0.5Lのビンを2本飲ましてもらった。あとパンを食べた。
 16:00Rio方面へわたるフェリー乗り場に着く、焼き鳥のようなものがあったので食べた。しかし、この焼き鳥日本の味と同じような味で、外はほとんど変わらない。こういう発想はどこからくるのだろうか。しかし、日本の焼き鳥と違うのは焼き鳥をパンにはさむことだ。これがなんといってもおかしい。フェリーは数分で向こう岸まで着く。230Drと安い。さて、これから高速道路にはいる。高速道路といっても中央分離帯もないようなもので、車だけ35Drとられる。自転車はタダだ。
 70Kぐらい走ったところでやっと見つけたマーケットで牛乳とビスケットを買い、ねるところを探す。
 Toll RoadとNot Toll Roadの間で寝る。12時過ぎまでキャンプ場の方でガンガン音楽が聞こえた。

 フラッペ:25 パン:30 スイカ:30 コーラ:20 フェリー:23 やきとり+パイ:50 夕食:100

【Rio】
8/17
 5:15起床。5:40出発。朝のうちはゆっくり走る。きょはアテネにつくことができるだろう。Krathioというところでパンとファンタと買う。大きなパンが30Drと安く、しかもおいしい。今まで食べたパンの中でも、一番おいしかったかもしれない。9:00Kiatoにつく。アテネまであと100キロぐらいだ。Toll Roadには入らないで、Korinthosまでいく。アテネの方へわたる橋の前で1時間半の休憩をとる。このあたりは観光者向けのレストランや土産物店が並んでいる。日本人も2,3人みかけた。KorinthosからToll Roadに入る。日本でいうとリアス式海岸だ。Toll Roadはなるべく、起伏のないように作ってある。水がなくなりMegaraでおりる。しかし、店はほとんどあいていない。ガソリンスタンドでやっとボトル一杯の水がもらえた。しかし、それでたりるわけはない。このくらいの水は一気に飲んでしまえそうだ。もう少し行くと、CAFEがあった。そこでペプシを飲み、おまけに水をたっぷりもらった。ギリシアのCAFEの水はなぜか冷たい。地下水をくみあげるのだろうか。気温が高く冷房などどこにもないので、よけいそう感じるのかもしれない。その店でさらに牛乳500CCをかい、飲む。エジプトに入ったら、水をたくさん持って出かけなければと思った。
 Seliniaというところでスイカを買う。50Drだ。その横にパン屋がある。その横でスイカを食べる。すると、子供が出てきて、いろいろ言ってくる。すぐ店に戻ったが、今度はそのお母さんらしき人も出てくる。何かゲラゲラ笑って、いろいろ話し掛けてくる。子供の方は店からパイを持ってきて、僕によこした。Thank youといって、受け取ると、Nothingとこたえた。それを食べ終わるともう一つ別のパイをもってきた。Thanksというと、またNothingと答えた。スイカを半分もって出発。アテネに入る。シンタグマ広場につく。噴水のところで、足と体を洗っていると、日本人の女の子が二人きて、いろいろ話す。半分のスイカを少しだけあげて、残りを全部食べてしまう。写真をとって、送ってくれるというので、住所を書いてあげた。さて、とまるところがない。5,6軒あたったが、いっぱいだった。しかたなく駅に寝る覚悟で駅の方に向かうと、Station Youth Hostelというのがあり、ドミトリーで220Drというのでそこに決めた。
 夕食はチキンにビール150Dr

 パン:30 ファンタ:50 コーラ:20+30 アイス,ビールなど:130 スイカ:50 食:100 泊:220 牛乳:35 夕食:150
ATHINAI
8/18
 ベッドで寝るとさすがにぐっすり眠れて疲れがとれる。Romaから一週間以上ベッドの上で寝ていなかったのだ。疲れがとれるというよりも、むしろ疲れが一気に出てくるといった方があたっている。朝なかなか起きれなくて、10時にやっと起きた。他のベッドの人たちはもうどこかに行ってしまっていた。少し洗濯をしてからHostelを出る。自転車は安全そうなところにあるので、今日は歩きだ。サイクリングシューズばかりはいていると、足の指によくない。親指がしびれている。アテネのサンダルを買おう。まず、シンタグマ広場にいく。地図を買って、大使館とエジプト航空の場所を確かめる。エジプト航空に行ったが、まだ機械が動かないので午後にしてくれと言われ、STUDENT TRAVEL CENTERにいく。やはり、エジプトへは船よりもAIRの方が半分ぐらいの値段だ。でも荷物の料金を考えるとどっちがいいか、わからない。まず荷物がどれくらいの重さか調べるのが先だ。少しぐらいのオーバーなら手荷物にしてしまえばいい。今日はプラカを歩く。小さな店がいっぱいでいろんなものが売られている。 TRANSALPINOでBOATの券が5250Drで売られているのを知って、予約しようとしたができなかった。少し遅すぎたのだ。
 夕食はTHE BEST SOUVLAKIで食べた。ギリシアのステーキというのは羊の肉でできた、ちょっとはんぺんみたいな口ざわりの食べ物だ。ビールは40Dr 160円と安いので2本(1L)飲んでしまった。
宿にもどると、鍵を僕がもちだしていたので、ちょっと問題があったみたいだった。

 ジュース:50 とうもろこし:40 昼:120 コーヒー:20 夕食:250Dr 泊:220Dr サンダル:350

【Athinai エジプト大使館前】


【パルテノン神殿】

8/19
 大使館に行く。北村からの手紙があった。順ちゃんからの手紙はなかった。次にビザをとるためにエジプトの大使館に行く。明日の午後取れるそうだ。650Drもとられてしまった。次にTRANS ALPINOに行くが船の料金はデッキクラスがないので9200Drだという。あんまり高いので飛行機で行くことに決めた。飛行機は5740Dr。
もうきょうは少しぜいたくをしようと、昼にRestaurantというかタベルナに入って、ムサカを食べた。ああ、ナスがなんとなつかしい。うまい。ナスはやはりひき肉があうようだ。ナスとひき肉をいっしょにしたものの上にたまごのオムレツみたいのがのっている。オーブンで焼いて、切ってある。
 アクロポリスにくる。(70Dr)パルテノンは柱だけしか残っていない。ここにどんな人がいて、何があったのだろうか。今はまわりに大きな石、四角い石がいっぱい散らばっていて、観光客が思い思いにその石の山に座って休んでいる。中に美術館があるが、また、お金をとられるのではいるのはやめた。次に古代アゴラに行く。ソクラテスなどがここで考えたというところ。当時はもっとたくさんの建物があった。ということであるが、今は3つぐらいしか残っていない。あとは石と野原になっている。アゴラを出て、また、TAVERNAに入り、今度はミートボールを食べた。なんと米がはいっているミートボールだ。米が入っている分だけ肉という感じがしなくなっているが、結構うまい。まわりの人が食べているものをつい食べたく思ってしまう。何かうまそうに見えるのだ。もう、パンにジャムなんてケチなこといってはいられない。ギリシアのうまいものをせっかくきたんだからたくさん食べて帰ろう。
プラカをぶらぶら歩いて、またシンタグマ広場にきた。その後、国民公園をちょっと歩いてから、シンタグマ広場からオモニオ広場の方に向かって歩く。きょうは店があいている日みたいだ。一日おきに、夕方は仕事しているらしい。日本では考えられないことだ。
 San Remo Hostelの手前で夕食にする。タイの煮たものを食べた。魚はなつかしい。ビールを2本飲んで240Dr。
 ホステルに帰って、寝そべっていると、きょうの同室のうち一人は日本人だった。

 朝:50 昼+α:210+130 バス:40 Air:5740 アクロポリス:70+35 ビザ:650 とうもろこし:35 夕食:240 泊:220

【ディオニソス劇場】


【古代アゴラ】

<<戻る| 8/16~8/19 |次へ>>

アスプローバへのお問合せ