Asprova SCM は、サプライチェーンの可視化、全体最適化を支援します

製造業のグローバル展開のためには、

[1]グローバル需要
[2]グローバル多層DC (Distribution Center:物流センター)
[3]グローバル多層工場
[4]グローバル調達

をマネージする能力が必要です。

Asprova SCM はサプライチェーンのスケジュールを作成し、サプライチェーンの可視化、全体最適化を支援します。スケジューリング機能には、 SCP ( Supply Chain Planning : 供給連鎖計画)とAPS ( Advanced Planning and Scheduling: 詳細スケジューリング)があります。SCP は、需要を入力し、複数の顧客・DC・工場・サプライヤのサプライチェーン全体の調達計画・生産計画・配送計画を作成します。APS は、SCP の生産計画結果を入力し、工場単位の詳細生産スケジュールを作成します。


Asprova SCMの導入効果


サプライチェーンの可視化

SCP の出力である調達計画、配送計画、生産計画を、PSI表、在庫グラフ、負荷グラフ、オーダガントチャート、資源ガントチャートなどで可視化します。可視化により、納期遅れや、サプライチェーン全体からボトルネックなどの問題点を見つけ対策を打つことにより、全体最適を実現します。 


サプライチェーン全体のリードタイム短縮、在庫低減、クイックレスポンス

SCP は拠点間の「購買オーダ」と生産拠点の「製造オーダ」を同期してスケジュールします。原料投入から顧客への製品の到着までのトータル・リードタイムを短縮します。これにより、サプライチェーン内の在庫を大幅に削減します。

適切な拠点に在庫バッファを置くことにより、オーダが到着してから製品が顧客に到着するまでの納入リードタイムを短縮します。これにより受注機会が増大します。

SCP はサプライチェーンのスケジュールを高速に計算するため計画リードタイムを短縮します。これにより、需要変動の各拠点への影響を瞬時にサプライチェーン全体に伝達でき、需要変動へのクイックレスポンスが可能となります。


Asprova SCMの特徴


 高速 、多機能
  生産スケジューラ Asprova の高速性と機能を継承。GUI, 有限能力計算、紐づけ条件、KPI計算など。
 スケーラブル
  ノートパソコンからクラウドまで。大規模システムに対応。
 簡単にプロトタイプを作成
  導入前に完成イメージ具体化できます。
 DIY導入可能
  自力立ち上げ可能です。但し、導入効果を最大にするためには、有償コンサルテーションを
  受けることをお薦めします。
 ローコスト&短納期
  年間使用料216万円から。


Asprova SCMの適用事例


 中国でのキーパーツ集中生産による在庫削減--輸送機器メーカ
 拠点ごとのMRPを廃止し、SCPで一気通貫でスケジューリング--電子機器メーカ
 在庫不足時の複数配送先への供給配分--機械部品メーカ

適用事例の詳細はこちらから

Asprova SCM のカタログはこちらをご覧ください。


生産スケジューラのアスプローバ
SCM用語集
リーンマニュファクチャリングジャパン