LONDON to CAIRO 自転車の旅 1982/7/23~26

<<戻る| 7/23~7/26 |次へ>>

LIEGE
7/23
 Rhein川の橋(ドイツ橋)についたのは、8:30、その途中で後ろの荷物が車輪に引っかかってしまい、足がぬけずに転んでしまった。石の上に転んだため、右ひざにひどい傷ができてしまった。カットバンドをはってから、少し休もうと歩道でねころんでいたら、車で通ってきた人が、大丈夫かと心配してきてくれたが大丈夫だといってこたえた。ドイツ語が出てこない。Dankeと言ってみよう。
 ライン川についたが曇りであまり眺めは良くない。百草丸をまとめて50粒ぐらいのんでみたがなおるかどうか。
 KolnからAcchenへの80Kmぐらい、おなかをかかえながらなんとか走った。Acchenはかなり大きな街だ。
 小さなBankで両替をしようとすると、細かいのはかえられないという。しかたなくのこりのお金をもっと大きな銀行をさがして、かえてもらった。
 あすは土曜なので2日間銀行はあいていない。それを考えてFFもかえてもらった。トマトの小さいの10個ぐらいでDM1.99だった。日本円にして199円ぐらい。
 Acchenからベルギーへの国境をこえる。さすがに国境、山をひとつこえたところにある。どういういきさつで、ここが国境になったのかはわからないが、そこで、国が分かれている。ベルギーは美しい国、Hillが多く自転車にはきついが、景色がいい。
 夕方7:30ごろLiegeにつく、やはり少し、起伏があったほうが変化があっていい。YHをさがし、たずねるとまだ寝るところがあるというので、YHにとまることにする。ビールもおいてあったが、おなかがよくないのでのむのはやめた。

食:DM4+3.5 泊:BF260
FRANCE
7/24
 LiegeのYHはBF260だった。泊まっているのは、面白い人ばかりで、日本人はいなかった。夜9時に寝て、8時におきたから、11時間もぐっすりねた。周りの人たちがいろいろやっているのに、1回も目が覚めなかった。
Liegeを9時に出発して、Amayというところのスーパーで飲み物とMapを買う。(BF25+50)。Namurでコーラを飲む。(BF18)そして、Beaumontまで直行し、18:10ごろフランスに入った。ここでも国境は何もしなくてただ、通り過ぎただけだった。今Solreというところで、コーヒーを飲んでいる。ここのおじさんがパンを1個食べるようにくれた。自転車でおなかがすいただろうに、コーヒーしか飲まないなんて、なんと貧しい人だろうと思ったのだろうか、しかし貧しいわけではない。食べる気がしないのだ。毎日食べるものといえば、パンを1個か2個ぐらいである。よくそれだけで力が出ると自分でも思うが、本当はかなり衰えているのではないだろうか。しかし、ようやくお腹の方もだんだんよくなってきたような気がする。
 しかし、ヨーロッパのコーヒーというのは、本当にネスカフェのかおりだ。なんでこんなインスタントコーヒーの味がするのだろうか。見ればしっかりとコーヒーメーカーはあるし、豆もある。なんでこんな味なのか。ここのコーヒーはネスカフェというよりはマックスウェルに近い。いずれにしてもインスタントコーヒーのような、粉っぽい味だ。コーヒーらしいコーヒーといったら、LondonのB&Bぐらいだった。
 言葉がまったく通じないというか英語が通じない。さっきなんかは、フランス語できかれて、そしたら、隣の人がドイツ語で訳してくれた。すごいところだ。
 こちらの人は、昼間からBarで又はCAFEでビールを飲んでいる。僕も飲みたい。Parisについたらのもう。

【パリまであと236Km。しかしこの道は右に曲がった。】
7/25
 きょうは、とうもろこしの木の列の間で目を覚ます。
 とうもろこしの列の間のはばは一定でちょうど90cmぐらいだろうか。ちょうどいい。
 さてきょうはパリにつく、あと150Kmぐらいだ。
 おなかがすいた。おなかが治ってきたせいであろうか。
 途中でサンドイッチとコーヒーをとる。Jamboというのをみて、大きいのかと思いそれをたのんだ。
 しかし、それはふつうの大きさでハムをはさんだものだった。そうだ、ハムのことなのだ。
 14時にフルーツ屋でトマトを買う。2Kgでなければうらないとフランス語でいうのをわからなくて、隣の人が英語に訳してくれた。その人と話した結果、トマトを1Kgずつ、かうことになった。
 何かここまでくると英語が母国語のような感じがしてきてしまう。
 さて、それからひたすらPARISに向かって走る。
 空港に入ってしまうというか、道の途中に空港が大きく横たわっている感じだ。なんとか、それを通り抜け本当にPARISに向かう。
 パリの近くになると、道がまた石になった。前に進めない。ああなんていうことだ。はやく舗装になおせばいいのに。
 ホテルを探す。これがなかなかみつからない。10軒ぐらいまわったすえ、あまり安いとはいえない、シャワー、朝食などいっさいこみで80FFであった。
 そこで、日本人3人組に会う。彼らの1人がオランダに住んでいて、オランダから車でぶっとばしてきたのだそうだ。3時間でくるんだって、なんてこった。
 パリは明るい街だ。ロンドンとも建物などがひとつ違うという感じ、観光客が多いのがわかる。
 おなかもなんとかなったような気がするので、きょうは早速ビールを一杯。
 しかし、お腹の調子を気にしながらでは、あまりうまくない。
 中華料理店にいって、ごはんを食べたい。そこで、いろんなところを視察してから、やっと入ったのが20FFのコースメニューの店、たまご料理がたべたいので、Omleteをmain dishにたのんだ。あとごはんが一杯とスープ。

 朝食:10FF ホテル:80FF トマト:5FF 夕食:22.5F

7/26
 きょうは休憩日だ。パリでふらふらしていよう。そのまえにせんたくしなければならない。
 Tシャツをスーパーで買ってきて、コインランドリーでせんたくをする。コインランドリーが高くて、15Fと乾燥に4Fかかった。
 おなかがほぼなおっているようだ。いいうんこがでた。
 パリといってもそんなみたいところはない。というかあまりよく知らないというか、ガイドブックをみてもあまりみたいところはない。
 ただ、街を見ているだけでもけっこういいというか、そいうのがみどころなのでは。
 フランスのビールMiitzigはなんかあまい味がついている。
 今、ポンピドーセンターにいる。前の広場は人がいっぱいだ。前から見ると、そんなではないが、裏のとおりの方から見ると、かなり異様な建物だ。建物というよりは建設中というか、パイプがいっぱいとおっていて、色も原色ではなく、おもちゃの色なのだ。どういう感覚でこういうものをつくったのだろう。

 靴下:15F Tシャツ:30F つめきり:6F 洗濯:19F ひるめし:15F,10F 泊:80F ピーナッツ:3F 夕:32.2F

<<戻る| 7/23~7/26 |次へ>>

アスプローバへのお問合せ