Ver.14.1.0機能紹介

個別受注生産、受注設計生産の品目の製造BOMを
テンプレートから簡単にコピーできます

受注設計生産(ETO:Engineer To Order)では、受注毎に製造BOMを作成する必要があります。
これまで、Asprovaでは、受注ごとに製造BOMを作る手間がかかっていましたが、テンプレートとなる品目を登録しておくことで、受注時に製造オーダにテンプレート品目として選択するだけで、そのオーダ専用の品目と製造BOMをコピーして自動生成できる機能を追加しました。

テンプレート品目と、コピーした品目は独立しているので、コピー後に、異なる部分を変更して計画できます。

 

Asprovaヘルプ
http://lib.asprova.com/onlinehelp/ja/AS2003HELP00750710.html
→[ロジック]-[製造BOM]-[テンプレート品目]  ・・・  HelpNo.:750710


ガントチャート上で作業間、オーダ間の紐付けを自由に編集できます

従来は、紐付けは製造BOMで出力品目と入力品目を登録する必要がありました。
また、次オーダでは、途中の工程からの紐付けができませんでした。
今回の機能追加により、出力品目と入力品目を登録せず、作業と作業をガントチャート上で簡単に紐付けて、時間制約をつけることができます。途中工程の作業同士の紐付けもできます。

 

Asprovaヘルプ
http://lib.asprova.com/onlinehelp/ja/AS2003HELP00742150.html
→[GUI]-[計画編集]-[紐付け編集]  ・・・  HelpNo.:742150


重なり時間を式で記述して、工程間の時間を条件によって変える機能を追加しました

重なりMIN(MAX)、前(後)資源タイムバッファを式化しました。
前工程や後工程の作業の情報や、前工程や後工程の作業の割り付き資源、割付け方向などを利用して条件式を記述することが可能です。
これにより、製造設備間の距離を考慮したり、オーダごとの余裕時間を加味したりすることができます。

たとえば、前工程の資源AとB、後工程の資源XとYはそれぞれの間の距離が異なるとします。割り付いた資源の組み合わせで重なり時間を変えたい場合、重なりMIN式なら簡単に実現できます。

 

Asprovaヘルプ
http://lib.asprova.com/onlinehelp/ja/AS2003HELP00754020.html
→[ロジック]-[重なり方法・重なり時間]-[重なりMIN式、重なりMAX式、前資源タイムバッファ式、後資源タイムバッファ式]
 ・・・  HelpNo.:754020


オーダガントチャート上でのバーの移動や作業のプロパティの変更が簡単にできるようになりました

オーダガントチャート上でのバーの移動を簡単にできるようにしました。
また、オーダガントチャート上で作業のプロパティウィンドウを簡単に表示できるようになりました。

受注設計生産(ETO:Engineer To Order)では製造リードタイムが数週間、数ヶ月以上におよぶことが多く、工程単位の詳細な計画よりは、オーダ単位での大まかな計画を確認、編集したいといったニーズに対応しました。

 

 

Asprovaヘルプ
http://lib.asprova.com/onlinehelp/ja/AS2003HELP00742000.html
→[GUI]-[計画編集]-[バーの選択、移動]  ・・・  HelpNo.:742000


計画パラメタを参照して実行できるようになりました

指定した計画パラメタを参照して実行できる、参照実行コマンドを追加しました。
計画パラメタとカスタムメニューで、同じ内容の計画パラメタを利用したい場合は、実行したい計画パラメタを指定した参照実行コマンドを一つセットするだけです。
それぞれに設定して、メンテナンスをそれぞれ行なう、といった手間から解放されます。

 

また、参照先計画パラメタを実行する直前と直後で、参照先計画パラメタのプロパティを編集できるので、設定の一部が異なる計画パラメタを複数作成する必要がなくなります。

Asprovaヘルプ
http://lib.asprova.com/onlinehelp/ja/AS2003HELP00778510.html
→[ロジック]-[スケジューリングロジック]-[計画パラメタ・コマンド]-[参照コマンド]  ・・・  HelpNo.:778510


アスプローバへのお問合せ