製品紹介

モジュール構成

●:標準搭載
△:オプション追加可能
機能 オプション
  APS
  MS
  MRP              
  SED         ※1 ※1 ※1    
  BOM                      
  MES                        
  DS                          
  NLS                          

必要に応じて、ご自由にモジュールを選択できます。

APS, MS, MRP, BOMは単独(スタンドアロン)で動作可能です。

※1:オプションを持っているスケジューラモジュールが保存したデータであれば使用できます。

長期、中期、短期の3段階の
生産計画により、
以下のソリューションを
ご提供します

  1. 1長期スケジューリングによる
    【年度経営計画】

    販売計画や需要予測を入力し、FCR(又はMRP)によりKPIを試算、長期要員計画・長期設備負荷計画・長期購買計画・長期売上利益計画を出力します。

  2. 2中期スケジューリングにより
    【生産準備(3ヶ月程度)】

    顧客からの内示オーダを入力し、FCR(又はMRP)により、3ヶ月売上・利益計画、設備負荷計画、要員計画、製造・生産計画、購買内示、外注内示、長納期品購買指示を出力します。

  3. 3短期スケジューリングによる
    【作業指示】

    製造オーダを入力し、FCSにより、現場への作業指示(生産計画)、外注指示、短納期品購買指示を出力します。

  4. 4中期・短期計画の連動による
    【内示・確定の調整】

    中期中期の生産計画により生産準備を行い、確定オーダを入力してスケジュールし、内示と確定のずれを調整しながら、現場への作業指示(生産計画)を出力します。

  5. 5製造BOM構築による
    【生産情報標準化】

    もし、製造の基準情報が未整備なら、まずは製造BOMの整備が必要です。生産情報の標準化により品質を向上させます。

  6. 6ネットワーク化による
    【生産情報共有化】

    ネットワーク上のどのPCからも使用可能、データを共有、グローバルな生産情報共有化を実現します。

アスプローバへのお問合せ