お知らせ

アジアの人件費高騰が商機に

1994年創設のアスプローバ社は、社名と同じ生産管理ソフトウェアAsprovaを販売するIT企業。創設当初のメンバーの多くが外国人だったという事情から、早い段階から海外展開を進めており、現在では売上のおよそ三分の一を海外事業が占める。特に中国が主要市場となっていたが、尖閣諸島を巡る日中対立をきっかけに需要が急速に低迷したことから、最近ではタイを始めとするアセアン諸国への進出にも力を入れている。
 Asprovaの主な機能は生産計画の策定だ。ある商品を製造する上で、どれだけ作るのか、どの生産ラインでどれだけ時間がかかるのか、その原料はどれだけ残っているのかなどなどの情報を入力することで、効率的な順番付け(差立、ディスパッチング)を行うことができる...
詳細はASEAN経済通信をご覧ください。
(ASEAN経済通信購読者アカウントが必要)

アスプローバへのお問合せ