宝時得機械(中国)有限公司 様

宝時得機械(中国)有限公司 様

ITグローバル化戦略を浸透し、IT技術による生産管理レベルアップのため、Asprova導入を促進した



[ 詳細はPDF ファイルでご覧頂けます ]
設立から20年を経て、宝時得が中国蘇州に本社を構え、電動工具の研究、開発、販売を行ってきた。世界各地に13か所の営業子会社、3つの研究開発センター、2か所の製造拠点を持っている。世界中100以上の国や地域に導入実績を持ち、グローバル企業になり続けている。
宝時得は2012年10月に、全社と期待を含めて、Asprova導入プロジェクトを始めた。

◆Asrovaの高速スケジューリングで設備能力や材料在庫、ラインネックの可視化により、迅速な計画調整し、正確に納期回答できた。
◆計画作成の属人化を解消し、手動計画から自動計画に変更により、計画精度の向上&効率化を実現した。
◆全体最適により、リードタイム短縮や在庫削減を実現した。
◆JDA→SAP→APS→サプライヤの周辺システムとの連携により、システム間情報共有を実現した
◆生産ラインの可視化により、生産効率向上につながり、現場のカイゼンをサポートし、生産管理レベルアップを実現した。


宝時得機械(中国)有限公司 宝時得機械(中国)有限公司
 ■住所: 蘇州工業園区東旺路18号
 ■設立: 1994年
 ■資本金: 5000万元
 ■従業員数: 4000名
 ■事業内容: 各種電動工具の研究、開発、販売

■Asprovaプロジェクトの範囲

1、組立工場
組立ライン、22か所のワークセンター
2、モーター工場
モータ関連のケーブル製造
3、加工工場
鋳造、機械加工、メッキ、熱処理、外注関連
4、成型工場
射出成型、コーティング、アニーリング
■プロジェクトスコープ

プロジェクトが始まった当初、宝時得が導入パートナーの拓昌と検討し、プロジェクトのスコープを明白に決めました。2012年10月から2013年5月までのプロジェクト期間中、その方針に従い、プロジェクトをうまく推進できた。
◆プロジェクト管理体制に沿い、プロジェクトチームを作成した。
◆ステップのゴール目標を設定し、段階的に導入を進めた。
◆毎週の報告会にて、プロジェクトの調整まとめを行った。
◆上層部に2週間に1度報告し、解題解決などに相談を乗った。
◆3段階に分け、プロジェクトを推進し、ずれが発生する際に随時調整してきた。
■AsprovaとSAPの連携

Asprovaは既存の基幹システムSAPを中間データベース経由で連携して、SAP側のデータを極力利用し、Asprova側のデータメンテナンス量を減らした。スケジューリング結果をSAPにフィードバックして、ASP側のオーダ開始時間の精度を向上し、サプライヤへの所要量計画の根拠になる。 宝時得機械(中国)有限公司
■Asprovaで会社の管理レベルアップに貢献

◆マスタデータの標準管理を実現
◆設備や作業員の可視化管理を実現
◆効率生産、コストダウンを実現
◆納期順守率を向上
◆立案を効率化し、進捗管理を実現
◆実績情報と連携し、現場の業務改善に反映
◆工程の一括管理を実現
◆在庫削減、効率生産にサポート
■プロジェクト立上のポイント

◆プロジェクトリーダーが生産計画業務の課題に対しての知識や理解が必要
◆システム側がプロジェクトへのサポート
◆会社全体がプロジェクトを成功させる決意
◆Asprovaや現地導入サポート会社上海拓昌様の技術支援

プロジェクトチームが今回のプロジェクトを成功させる決意を持ち、全社、メーカーと現地パートナーの協力を得て、今回のプロジェクトがうまく立ち上げることに至った。
システム導入効果

プロジェクトキックオフから6ヶ月を立て、カットオーバーして、以下の導入効果があった。

◆マスタデータ(カレンダー、シフト、工数情報、治具、材料、オーダなど)の標準管理を実現
◆設備と人員の可視化管理を実現(資源ガントチャート、オーダガントチャート、負荷グラフなど)
◆生産ライン、設備、治具、作業員を考慮した有限能力生産計画を立案できる
◆工程間がプル型で連動して計画し、工程全体の計画立案を実現
◆資源稼働率を向上し、コストを約498万元を抑えた
◆納期順守率が92%に上がった
◆計画作成は従来のExcel作成で4時間を自動計画5分に短縮した。特急オーダ対応や納期回答を実現
◆計画調整は従来の5時間から20分にかわった
◆実績情報と連携し、進捗管理を実現
◆人件費を抑え、3.2人分/年を抑えた
◆AsprovaとSAPの連携により、情報管理をスムーズになった
◆企業全体の管理レベルアップ。
宝時得Asprova導入概要

1、マスタデータの管理(工程、治具、製造能力など)
◆計画精度粒度:
  総組生産ライン
  NC加工前工程、塗装、後工程
  金属加工
  射出成型
◆同一製品は2ラインで製造可能
◆工程、設備、作業員を考慮した計画
◆段取り時間:
  総組30M
  NC加工30M
  金属加工や射出成型は品目により変更する

2、バックワードで計画
◆納期を基準にバックワードで計画作成
◆工程間がプル型生産に従い、工程間を連動する
◆製造能力を考慮した実現可能で生産計立案
◆AsprovaとSAPを連携し、生産計画とMRP計画を連携し、マニュアル操作を減らす
◆Asprovaで作成した計画表示を総組と一致する
◆実績情報と連携し、進捗管理を実現

アスプローバへのお問合せ