医療機器

医療機器

◆ 詳細情報 ◆

主な工程の流れ 成形⇒バリ取⇒検査⇒封入⇒滅菌⇒梱包
導入前の実態・課題 受注の状況を元にネック工程の投入計画とこれに合わせた初工程投入計画を立案。
エクセルによる計画立案で計画の精度が低い。
欠品回避のため、現場が多くの在庫を抱えたがる。
課題の解決策 PBBと共にAsprovaの導入を実施。
→精度の高い工程計画の実現。
→計画を元にした在庫管理による、在庫削減。
導入決定理由 設備別の詳細計画による工場内状況共有、在庫削減、データトレース機能の実現。
データ量 オーダ数:5000 作業数:18000 主資源数:130 副資源数:90 BOM品目数:800 BOM行数:10000 資源能力:23000
導入担当者の役割 要件定義、モデル構築、プラグイン設計開発、運用支援
導入時期 2002年~2007年
苦労した点 計画立案時の詳細要件の実現と、当社製生産管理パッケージとのマッチング
工夫した点 ロットの投入順番設定方法実現
→エクセルで各ロットの投入日、投入設備を設定し、ロットを生成
現状と効果 周辺機能の諸改善を実施しつつ本番運用中。
→導入後、毎日実績を加味して計画するようになった。(導入前は1週間に1回計画)
導入担当 キヤノンITソリューションズ株式会社


アスプローバへのお問合せ