合成樹脂

合成樹脂

◆ 詳細情報 ◆

主な工程の流れ 重合⇒調整⇒充填
導入前の実態・課題 既存システムの問題
・ ハード老朽化
・ 制約条件を網羅できていないので、人間の判断が必要とされる
・ 計算時間が長く、手操作での割付が主となっている
課題の解決策 人間の判断を少なくし、スケジューリング時間を短縮する
導入決定理由 様々な制約条件を設定できる
データ量 オーダ数:約300 作業数:約400 主資源数:30 副資源数:44 BOM品目数:17 BOM行数:222
導入担当者の役割 ・Asprrovaの操作説明
・Asprovaへの様々な制約条件の設定作業
・上位システムとのデータ連携の設計
導入時期 2007年4月
苦労した点 製造BOMタスクセレクタや資源テーブル仕様を活用することにより、製造BOM品目数を少なくし、メンテナンスをし易くした。
工夫した点 ・資源ロックの設定
・品種間の段取り時間の設定
現状と効果 本番運用はこれからであるが、テスト段階ではスケジューリング時間短縮が可能と判断されている。
導入担当 倉敷紡績 株式会社


アスプローバへのお問合せ