メモリ上で所要量計算、リードタイム割付けを高速に行ないます。MRPシステムの導入後に、生産スケジューラや工場外のサプライチェーンシステムへの拡張をご検討なさっているお客様に最適です。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • システム化されておらず、原材料がいつ、どのくらい必要なのかがわからない。原材料の欠品が良く起こる。
  • 原材料の手配が大変で時間がかかる。
  • システム化されているが、計算が遅い。
  • 在庫やオーダの紐付け情報などの見える化をしたい。

Asprova MRPの特徴

  • 販売計画や内示情報をもとに、原材料がいつ、どのくらい必要になるのかを自動で計算します。
  • 高速に計算できるため、複数のシミュレーションを試せます。
  • Asprova APSと同じプログラムなので機能が豊富。多くの制約を標準機能で実現できます。
  • 在庫グラフやガントチャートなどのわかりやすいウィンドウで見える化が可能です。
  • 詳細スケジューラ(Asprova MS、APS)や、サプライチェーン・マネジメント・プランニング(Asprova SCP)への運用移行が容易です。
  • SQL ServerやOracleなどのデータベースとの接続が容易です。

 

生産スケジューラのアスプローバ
生産スケジューラのアスプローバ
アスプローバ
リーンマニュファクチャリングジャパン