生産スケジューラのAsprova
 
生産スケジューラAsprova(アスプローバ)とは

Asprova APS

Asprova APS
=Asprova MS + 受注OP + 購買OP

受注・製造・購買における長期計画・中期計画・短期計画をひとつのモジュールで処理します。

Asprova APS

従来は、基幹システム内のMRPシステムと生産スケジューラの組合せでシステムを構成することがよくありました。しかし、そのような組合せですと、

(1) MRPとスケジューラのインターフェースを開発しなければならない。
(2) MRPとスケジューラでマスタが別々である。
(3) MRPからの購買とスケジューラによる生産指示が同期しない。
(4) それを同期しようとしてもMRPとスケジューラがうまく連携できない。

などの問題点があり、それが導入コスト増加の原因でした。Asprova APSを用いれば、これらの問題点はすべて解決します。

受注から購買までをスケジューリング

受注から購買までを一気にスケジューリングします。受注から製造、購買までを完全にひも付けたスケジュールを作成します。これにより、真のリードタイム短縮が可能となり、さらに、製品在庫・購買品在庫削減も実現します。

長期スケジューラ

有限能力ラフスケジューリング(FCR)の手法を用いて、年間販売計画や3ヶ月内示オーダから生成した製造オーダを入力し、長期スケジューリングを実行します。

有限能力ラフスケジューリング (FCR)

設備や人員負荷を考慮した有限能力のタイムバケットのないMRPです。固定リードタイムによる計算に比べて、より高い精度の購買計画や設備・人員の負荷計画が可能です。

長期負荷チェック

FCRの結果から、設備や人員の負荷の状態をチェックし、作業員の必要人数や残業、休出などの必要性を表示します。

長期・中期・短期の混合スケジューリング

長期・中期はラフに、短期は詳細にスケジュールして、それらをひとつのガントチャートに表示できます。