Asprova Ver.16.0.0 リリース

   1.折返し表示と改行入力

テーブルウィンドウと差立てビューにて折返し表示と改行入力ができるようになりました。

以前のバージョンでは、テーブルウィンドウのセル内には文字列を1行でしか表示できないため、長い文字列はセル内で見切れてしまっていましたが、本バージョンから、セル内で折返し表示することができるようになりました。
(右図、途中工程指定と納期列)

また、文字列型のプロパティであればAlt+Enterキーで改行を入力することもできます。改行コードを含んでいてもインポートとエクスポートが可能です。設定により、改行コードを削除してエクスポートすることも可能です。

さらに、テーブルウィンドウのヘッダー行に表示するプロパティ名の改行位置を指定できるようになりました。

1.最早開始日時(算出値)列のヘッダー行の改行位置が中途半端
2.右クリックメニューから「ヘッダー列の編集」を選択。
3.ヘッダー列が編集モードになるので、ALT+Enterで改行する。
4.編集モードを抜けて、きれいに表示された状態。

テーブルウィンドウは運用中にもっとも良く目にするウィンドウであり、これらの改良によりテーブルが見やすくなり、作業効率が向上します。

差立てビューでも折返し表示ができるようになります。これに合わせて、差立てビューにて行の高さを変更できるようにしました。


   2.差立てビュー

割付け方向を固定することができるようになりました。

以前のバージョンでは、差立てビューで作業を移動するとき、ドラッグしながら割付け方向を選ぶ仕様でしたが、
「割付け方向をいつもフォワードに固定してほしい」というお客様の声に対応し、スタイルにて、以下の3つの方法から選択できるようにしました。
 ①ドラッグしながらフォワードかバックワードか選ぶ
 ②その作業の開始日時からフォワードに割り付ける。
 ③その作業の終了日時からバックワードで割り付ける。
 ※①を指定すると、以前のバージョンと同じになります。

ドラッグ中の割付け方向をわかりやすくしました。

作業をドラッグしている最中のカーソルや下線部の色で割付け方向がわかるようにしました。
左図、左は作業4:10を作業3:10の終了日時からフォワード、右は開始日時からバックワードに移動しようとしているところです。


   3.検索ダイアログ

品目コードや顧客コードなどで、より簡単に検索する方法を指定できるようにしました。

テーブルウィンドウやチャートウィンドウ上での検索ダイアログにて、品目、顧客、仕様などの検索したいコードだけを「検索する文字」に指定して検索できるようになりました。

以前のバージョンでは、「式を指定」の式の中に検索したい文字列を指定する必要がありました。本バージョンからは、「式を指定」に変数INPUTを指定すると、「検索する文字」に指定した文字が代入して検索ができるようになります。 以前のバージョン Ver.16

大文字と小文字を区別するかしないかを選択できるようにしました。

            

式の選択

「式を指定」で、式をコンボボックスから選べるようにしました。

ショートカットキーでのタブ切替え

検索、置換、資源ガント検索の3つのタブを、ショートカットキーで切り替えることができるようにしました。

   4.そのほかのユーザインターフェースの改良

ウィンドウ起動時の表示開始日時をスタイル毎に指定できるようにしました。

チャート/ウィンドウを起動時に、表示する開始日時をスタイル毎に指定できるようになりました。


起動直後

このプロパティは式型であるため、計画設定の割付け開始日時-1d、などのように相対的な日時を指定できます。

プロジェクトテーブル

プロジェクト(計画設定とも呼びます)をテーブル表示するメニューを追加しました。これにより、自分好みのプロジェクトテーブルのスタイルを作ったり、プロジェクトクラスにプロパティを追加したりすることが簡単になります。

作業から前後依存段取りテーブルへのジャンプ

作業や作業使用指図の右クリックポップアップメニューから、該当する前後依存段取りテーブルにジャンプできるようになりました。ポップアップメニューには該当する前後依存段取りテーブルだけが表示されるので、どのテーブルが起因して前後依存段取りが発生したのかもわかりやすくなります。


   5.カレンダー

開始日時、終了日時を指定できるようになりました。

カレンダーテーブルにて、各カレンダーオブジェクトの開始日時、終了日時を指定できるようになりました。これにより、「並び順」を使うよりも簡単に期間毎のカレンダーを作成できます。

例えば月ごとにシフトが決まる場合、以前のバージョンでは、以下のような設定になりますが、Ver.16からは開始日と終了日を使うことで以下のように設定できます。


   6.そのほかの新機能と改良

ユーザが追加したクラス毎に、コードプロパティの表示名を設定できるようにしました。

ユーザが追加したテーブルのコードプロパティは、テーブルごとにプロパティ定義が作られるようになりました。以前のバージョンではプロパティ定義が1つだったため、コードプロパティの表示名などを変更するとすべてのユーザ追加クラスのコードプロパティの表示名が変更されてしまっていましたが、Ver.16からはクラスごとに表示名を設定できます。 以前のバージョン。プロパティ定義が同じため、別々の表示名に出来ない。
Ver.16

スリープコマンド

時間を指定して、処理を中断するコマンドを追加しました。これにより、例えばデータベースにエクスポートして、終了を検知できない何かの処理を待つ必要があるとき、十分な時間を指定して待つことができるようになります。実行中、ステータスバーにて秒数がカウントダウン表示されます。

内部関数

以下の内部関数を追加しました。

Lower( 文字列 )   引数で与えられた文字列を小文字にして返します。
Upper( 文字列 )   引数で与えられた文字列を大文字にして返します。

   7.高速化

1.プロパティの取得、追加、変更、削除に関する基本的な処理の高速化を行ないました。これにより、全体的に処理速度が速くなります。
以下に、弊社で持つテスト用のデータにおけるリスケジュール時間の結果です。数%から30%ほどの高速化が出来ています。

          リスケジュール時間(秒)    
データ 作業数 オーダ数 品目数 資源数 Ver.15.3 Ver.16.0 短縮時間(秒) 短縮率(%)
テスト
データ1
10000 200 10 250 5.12 4.17 0.94 81.56%
テスト
データ2
100000 100000 10 10 9.82 9.48 0.34 96.54%
テスト
データ3
100000 20000 100 25 34.46 27.01 7.45 78.39%
ユーザ
データ1
33922 10798 68371 75 8.89 6.47 2.42 72.76%
ユーザ
データ2
1768 406 189580 231 27.41 23.10 4.31 84.28%
ユーザ
データ3
104731 26196 180253 306 53.47 37.99 15.48 71.04%
ユーザ
データ4
        210.34 117.71 92.64 55.96%
ユーザ
データ5
213401 7852 32192 822 292.67 232.88 59.80 79.57%

2.リスケジュール中に不要なBroadcastが実行されないようにしました。
3.COM I/F のCOMALSAssignerクラスを用いて割り付ける処理を高速化しました。

4.マルチスレッド機能を使用したときに、スレッド数が少ないとうまく処理が遅くなってしまうことがある処理を改善しました。

上記の高速化は、実行する処理やデータに依存するため、必ずしもすべての条件において高速化される保証はありませんが、主なケースでは高速化されるはずです。

   8.そのほかの改善

サンプルデータを見やすくしました。

そのサンプルで使用されているプロパティだけを表示し、サンプルで学ぶテーマをわかりやすくしました。

右図は、次資源制約機能を学ぶサンプルKの資源テーブルです。

また、パレットの表示色を変更し、より見やすくしました(日本語版のみ)。

Microsoft Windows Server 2019対応

Microsoft Wnidows Server 2019 に対応しました。動作環境の詳細についてはこちらをご覧ください。


COM インターフェース (開発者向け)

1.プラグイン情報ダイアログ

プラグインのプログラム中でバージョン文字列を設定すると、ダイアログでプラグインのバージョンを確認できるようになりました。
また、ダイアログの大きさを変更できるようにしました。

2.COM SDKのVisual Studio 2019 対応

VC++、VB.Net、C#のチュートリアル(ドキュメントとサンプルソースコード)をVisual Studio 2019 に対応しました。

3.スタイルの階層表示設定関係のCOM I/F を追加しました

Ver.15.2でリリースした階層表示設定機能に関係するCOM / IF を追加しました。こちらをご確認ください。

ASGTableViewの新規IF 種類 内容
HierarchySettingCount プロパティ 階層表示設定オブジェクトの数を取得
InsertHierarchySetting メソッド 新規階層表示設定を追加
RemoveHierarchySetting メソッド 指定した階層表示設定を削除
ClearHierarchySetting メソッド 階層表示設定を全て削除
GetHierarchySettingPropID メソッド 階層表示設定のプロパティIDを取得
GetHierarchySettingRowContent メソッド 階層表示設定の行表示内容を取得
GetHierarchySettingSortExpr メソッド 階層表示設定のソート方法を取得
GetHierarchySettingFilterExpr メソッド 階層表示設定のフィルタ方法を取得

Asprova NLS/DSユーティリティ

ユーザテーブルの列枠を固定しました。これにより、右側にスクロールしても、どのユーザの設定かがわかりやすくなります。

Asprova DSを使用時、プロジェクトをロックしたままAsprovaを終了できるようにしました。

以前のバージョンでは、プロジェクトをロックしたままAsprovaを終了することは出来ませんでしたが、出来るようにしました。


   9.ライセンス更新手続きの簡易化

購入したライセンスのマジックNoやライセンスファイルをダウンロードできるようになりました。

保守契約を更新した際のプロテクタ情報の書換をボタン1つでできるようになりました。これまでのようにメールで送信されてきたマジックNoを手入力する必要がなくなります。(ただし、お使いのAsprovaおよびAsprova NLS、Asprova DSが、弊社Webサーバと接続できる環境にある場合に限ります。)

バックアップ用プロテクタの初期化も同様に、ボタン1つで行えます。

Asprova NLS、Asprova DSは、Asprova NLS/DSユーティリティVer.2.0.0.10から、同様にボタン1つでライセンス更新を行えます。

以前のバージョンのAsprova や Asprova NLSをお使いの方は、HPからダウンロードできます。

これまで保守契約更新に伴うプロテクタ情報の書換に必要になるマジックNoや、新規ライセンスファイルは主にメールで送付していましたが、弊社のHPからダウンロードできるようになりました。

それに伴い、AsprovaのHPにログインするときのアカウント名の名称をAsprova ID に変更しました。
Asprova IDのポリシーの詳細はこちらをご覧ください。

e-プロテクタの年次更新が不要になります。

これまで、e-プロテクタをお使いのユーザ様は1年毎にマジック№を入力して有効期限を延長する作業が必要でした。この作業を行わないとAsprova NLSのライセンス供給が止まり、急にAsprovaが使えなくなってしまう状態にありました。

Asprova NLS Ver.2.0.0.10 からはその作業が不要になります。(ただし、お使いのAsprova NLS、Asprova DSが、弊社Webサーバと接続できる環境にある場合に限ります。)

e-プロテクタとは?
USBプロテクタの差込口がないマシンやクラウド上のマシンでAsprova NLS/DSのライセンスを認証するための仕組みです。

< なぜ年次更新が必要だったかと、それを解消した仕組みの説明 >

e-プロテクタは都合上、有効期限を設定させていただいています。これは、e-プロテクタをインストールしたマシンAが故障し、新しくマシンBのe-プロテクタをご申請頂く際にマシンAが本当に故障したかどうかをアスプローバ社が確かめる方法がないためです。そのため、各e-プロテクタには年単位での有効期限を設定させていただいております。
Ver.2.0.0.10から、NLSはアスプローバ社のWebサーバと連携をとるようになり、e-プロテクタの有効期限を自動更新します。(NLSはインターネットを介し、アスプローバ社のWebサーバにアクセスできるようにする必要があります)


   10.保守契約サービス

オプションの交換が無償で出来るようになりました。

年1回まで、オプションを交換することができます。MS LightのオプションとMSのオプションは交換できません。ご希望の場合は、購入先販売代理店もしくは弊社営業担当まで、お問い合わせください。

保守契約サービスの詳細につきましてはこちらをご覧ください。

マジックNoやライセンスファイルをダウンロードできるようになりました。

新規ライセンス購入および保守契約更新のために印刷物の郵送や pdfファイルのメール送信などで配布していたマジック№やライセンスファイルをライセンスダウンロードページからダウンロードできるようになりました。

利用方法:
  • ライセンス購入時に発行したAsprova ID(旧Webアカウント)とパスワードにて弊社HPにログインします。(Asprova IDとパスワードは保守契約更新時にお送りするマジックNoが記載された「ライセンス一覧」の印刷物またはpdfに記載されています)
  • 直接、ライセンスダウンロードページにアクセスか、ユーザ専用ページの右側のメニューの「ライセンスダウンロード」メニューをクリックします。
  • 購入済みのライセンスのマジックNo、ライセンスファイルなどがダウンロードできます。

本バージョンから、Asprova、Asprova NLS/DS ユーティリティから直接、マジックNoをダウンロード出来る機能が追加されておりますが、このバージョンを使わないお客様であっても、このライセンスダウンロードページにより、ユーザの皆様は、今後、自分が購入したライセンスに関する情報は、ここにログインするといつでもダウンロード出来ることになります。

良くある質問:
Q1 ライセンスに紐づくAsprova ID とパスワードはどこを見ればわかりますか?

購入時や保守契約更新時にお送りしている納品書についている「ライセンス一覧」に記載されています。

Q2 新規ライセンスや保守契約の発注の際の手続きは今までと何が違いますか?
基本的に同じです。納品書およりマジック№の郵送、ライセンスファイルのe-mail送信は、これまで通り行われます。

Q3 ライセンスファイルは.aslf形式ですが、旧形式の.txtには未対応ですか?
はい。今は未対応です。したがって、Asprova NLS/DSはVer.2.0.0.2以上をご使用のお客様のみがご利用いただけます。

Q4 過去のマジック№もダウンロードできますか?
シリアルNo毎に最新のものだけがダウンロードできます。

Q5 一つのAsprova IDに複数のライセンスを紐付けるのはどうしたらよいですか?
今はまだできません。随時、リリースする予定です。

   11.Asprova ID

弊社HPへのログインアカウントの名称をAsprova IDに変更しました。

今後、Asprova IDを用いたサービスを拡充してまいります。詳細はこちらのページをご覧ください。

アスプローバへのお問合せ