ベネトン

製造と販売の独自のサプライチェーンを構築し成果を上げたアパレルメーカー。全世界にフランチャイズ店のネットワークを張り、末端の需要動向を生産に反映させるサプライシステムを実現。

ナショナル自転車

スポーツ自転車を見込生産から受注生産に切換え成功した。そこには、顧客満足度というSCMの基本コンセプトがある。

3PL/三井物産/菱食/日通/フェデックス

商社の生き残りをかけてサプライチェーンマネジメントを武器にした企業。従来の卸の機能からメーカーの管理部門の機能を担う、新しいコンセプトを実施している。

ウォールマート

従来の産業上の壁を取り払って企業のコアコンピタンスに特化し、企業のキャッシュフローを上げた米国小売業界の巨人。

ソレクトロン

生産のアウトソーシングによって成功した。サプライチェーンにおいてスピーディな開発設計を含む生産を行なうことで、成果を挙げた。

デルコンピューター

パソコンビジネスに変革をもたらした企業で、SCMにより見込生産から受注生産に経営の仕組み、生産の仕組みを変革したことで成功した。

SCC(サプライチェーン協議会)

サプライチェーンの標準となるモデルを開発・促進し支援する米国発の組織。キーとなる活動は業際的なSCORの開発。

ATP(納期回答)

注文を受け納入できる数量と納期を回答する、サプライチェーンメネジメントでの重要な概念。その決め方は、状況によりさまざまな方法とレベルがある。

プッシュ型&プル型

プッシュ型は実需に基づかない見込生産をいい、プル型は実需に基づく受注生産をいう。サプライチェーンマネジメントでは、プッシュ型とプル型の中間あるいは組合せを考えて実行することが重要。

MTS(見込生産)

需要予測によって見込生産するMTS。需要予測の正確度が過剰在庫を防ぎ、また品切れという機会損失を防ぐので、いかに需要予測を正確にするかが課題である。