生産管理システム導入 メリットデメリット

2021.01.14生産管理

生産管理

生産管理システムの機能、導入のメリット、デメリットをご紹介します。

 

生産管理システムの機能

生産管理システム

生産管理システムには工程(業務)ごとに複数の機能があります。

生産管理システムとは何か、と合わせて見ていきましょう。

 

生産管理システムとは

生産管理システムとは、生産工程においての製品やその原価・情報などを総合的に管理するためのシステムのことです。

生産管理システムを導入することで、製造現場の、在庫管理や納期管理、工程管理、各工程のコスト管理など生産工程に関わるあらゆる情報管理を行うことができます。

 

生産管理システムの機能1 生産管理

生産管理システムを活用することで、購買や販売データなどの大量の情報を基に利益を無理なく最大化することのできる生産計画を立案することができます。

 

生産管理システムの機能2 販売管理

見積もり、受注、出荷、売り上げ、在庫といった販売業務全般を管理することが可能です。

受注時に在庫数を変更、出荷管理、請求処理といった業務を、システム上で行うことができます。

 

生産管理システムの機能3 購買管理

原材料や部品などの仕入れ、各種請求の支払いに関する部分も管理することができます。

仕入れ先の選定や新規開拓、品質確認にも活用することができます。

 

生産管理システムの機能4 工程管理

工程ごとに、生産が計画どおりに行われているかどうかの進捗状況を確認することができます。

また、工程ごとの品質をチェックすることもできます。

 

生産管理システムの機能5 在庫管理

得意先へ販売する前の社内に滞留している在庫を会社の資産として管理するのが、在庫管理です。

生産管理システムにより、在庫管理を適正に行うことにより、人件費削減や生産性を向上することができます。

 

生産管理システムの機能6 原価管理

製造工程において、実際どれくらいの原価がかかったのか。

原価管理機能では、それを管理することができます。

 

生産管理システムの機能7 品質管理

納品前に設けられている最終工程の段階で、製品の品質が基準値を満たしているか。

品質管理機能では、それをチェックします。

事前に定めた品質管理基準を満たした製品のみが、出荷・納品されます。

 

生産管理システムを導入するメリット・デメリット

生産管理システムのメリット

このように、様々な機能を持つ生産管理システム。

次に、導入におけるメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

生産管理システムを導入するメリット

納期の短縮

生産管理システムを導入することで、誤発注や資材・部品の手配漏れを防ぐことができます。

材料の調達タイミングを最適化することもできるため、納期の短縮につながります。

 

生産負荷の平準化

生産工程の数が多くなると、生産工程ごとの負荷が把握しづらくなります。

その結果、生産負荷に偏りが生じてしまいます。

生産管理システムで、拠点間の情報共有をして、偏った生産負荷を平準化するようにしましょう。

 

不良率の改善

生産管理システムを導入することで、不良が発生している工程、またその頻度を明確に知ることができます。

そのため、的確に不良率を改善していくことができるのです。

 

生産過不足の改善

在庫状態を可視化することができるので、余剰生産や補充不足への対策をスピーディーに行うことができます。

 

生産計画の精度向上

受注予測や販売計画に基づいて、生産能力を考慮した生産計画を立てることができるというのも、生産管理システム導入によるメリットです。

 

生産現場の改善

生産ラインの各工程の情報をリアルタイムで収集することができます。

そのため、運営の効率化や生産現場の改善をより効率的に進めることができます。

 

生産管理システムを導入するデメリット

生産管理システムを導入するデメリットは、コストがかかるということです。

イニシャルコストだけではなくランニングコストも発生します。

ランニングコストを上回るコストパフォーマンスを出すことができるかの試算は、事前にしっかりとしておく必要があるでしょう。

 

おわりに

生産管理システムの機能と、導入することによるメリット・デメリットをご説明しました。

生産管理システムとは、生産工程においての製品やその原価・情報などを総合的に管理するためのシステムのことです。

その導入メリットは、

・納期の短縮

・生産負荷の平準化

・不良率の改善

・生産過不足の改善

・生産計画の精度向上

・生産現場の改善

などです。

 

また、そのデメリットは、イニシャルコスト・ランニングコストを必要とするため、ランニングコストを上回るコストパフォーマンスを出すことができるかどうか事前にしっかりと試算をしておく必要があるということです。

これら、メリット・デメリットをしっかりと理解したうえで、導入の是非を検討するようにしましょう。

生産スケジューラーAsprova無料体験版差し上げます

タグ : 生産管理システム
The following two tabs change content below.

コラム編集部

最新記事 by コラム編集部 (全て見る)