日本食研ホールディングス株式会社 様

日本食研ホールディングス株式会社 様

●ベスト・オブ・ブリードの導入により最小限のカスタマイズで基幹システムを構築できた
●少量多品種生産かつ短納期と単品日本一戦略を両立する4工場の統一基盤を実現できた
●業務の属人化の解消や原価管理の精度向上など、生産業務の効率化を実現できた

アスプローバへのお問合せ