カレンダーの資源量に応じて、製造時間が変わるようにしたいです。

前段取りの資源量がポイントです。
「資源量に応じて」の機能ですが、製造タスクにのみ有効です。
ただ、これだけですと、段取りを制御できませんので、
資源量に応じるタスクインデックス
というプロパティが資源のプロパティにあります。
このプロパティを利用すると、製造タスクだけでなく、前段取りや後段取りも資源量に応じた割付けにできます。
タスクインデックスは
 1 : 前段取り
 2 : 製造
 3 : 後段取り
となっています。
 1;2;3
のように「資源量に応じるタスクインデックス」に設定すると、
すべてのタスクが資源量に応じた割付けとなります。