確定された作業を含むオーダ数量が現象した場合の生産調整

すでに作業が確定したオーダ数量を減少させた場合(例;緊急減産など)、完成品の製造数量はそのままです。自動的に先のオーダから自動的に余剰分の数量を差し引くなど、自動的で生産量を調整する機能はあるでしょうか?

確定された作業のオーダ数量が増加した場合の生産リカバリ

確定した作業を含む製造オーダの数量が増加した場合に、不足分の生産を自動でリカバリする機能はあるでしょうか?(例えば、先のオーダ数量を自動で増加させるなど)
それとも、自動で先のオーダ数量を調整する機能はなく、
・作業を非確定の状態に戻し、リスケジュール
・もしくは、不足分を新規オーダとして登録しリスケジュール
という方法になるのでしょうか?

購買予定表は購買オプションが必要なのでしょうか

購買予定表についてご教示いただきたいのですが、この機能は、購買オプションでしか使用できないのでしょうか?
また、品目マスタに自動補充フラグ=「はい」にすると購買予定表に出力されるのでしょうか?

自動補充オーダを納期順に割り付けたい

中間品を自動補充するように設定しており、ディスパッチングルールを「オーダ納期(最遅終了日時)」の降順に設定していますが、自動補充オーダがディスパッチングルールどおりに割りつきません。なぜでしょうか。

製造効率を加味してリスケジュールした後、作業移動すると製造効率が反映されません。

製造効率を設定した計画パラメタでリスケジュールした後、作業移動したのですが、製造効率が反映されません。なぜでしょうか。

紐付く親オーダ納期の最早日時

自動補充オーダは納期が未設定なので紐付く親オーダ納期の
最早日時(複数紐付いているため、最早日時を特定したい)を
ディスパッチングルールにて使用して割付けたいと考えております。
具体的にどのような式で表現したら良いのかご教示願えないでしょうか?
以下の3つを試してみましたが、どうもこれでは表現できていないと
考えております。

 ・ME.Order.RightOrder.LET

 ・ME.Order.RightOrder[1].LET

 ・ME.Order.RightmostOrder.LET