製造BOMのユーザプロパティの仮想プロパティ式の値がエクスポートで出力されません。

ユーザプロパティの値を外部に出力する場合は
製造BOM(IO)クラスのユーザ指定使用可能プロパティに設定します。
一方、マスタ使用指図のユーザプロパティの仮想プロパティ式に
 ME.最終品目.品目名
のような式を設定したとします。
これで製造BOMテーブルには表示することができますが、
仮想プロパティの結果を外部に出力することができません。
これはエクスポートする際には、製造BOM(IO)クラスとして出力しているためです。
以下の設定を行なうことで外部に出力することができます。

  1. 「テーブル表示」-「高度な設定」-「クラス定義」メニューからクラス定義テーブルを表示します。
  2. 「製造BOM(IO)」クラスに新規プロパティを追加します。
  3. 追加したプロパティのプロパティ定義を編集し、仮想プロパティ式を設定します。
  4. フィールドマッピングで追加したプロパティを接続します。


製造BOM(IO)クラスのユーザ指定使用可能プロパティを設定する方法については、
以下をご参照ください。
 ・マスタ入力指図
 ・マスタ使用指図
 ・マスタ出力指図
などに追加したユーザプロパティの値を外部に出力する場合には、
製造BOM(IO)クラスの「ユーザ指定使用可能プロパティ」に設定する必要があります。
詳細はAsprova APSのヘルプの
 「データ入出力」-「ユーザ指定使用可能プロパティ」
をご参照ください。