生産スケジューラのAsprova
 
トップよくあるご質問その他の設定・操作
よくあるご質問

その他の設定・操作

よくある質問内を検索:

製造BOMの列名を別名で表示したい (2010/09/16)

Q:Asprovaを使用するのになるべくなれている言葉を使いたいのでプロパティを別名で表示することを考えています。製造BOMの列名を別名で表示する何か良い方法はありますか?

A:

クラス定義テーブルから探していただく方法がございます。

以下、具体的な手順です。
 ①「テーブル表示」-「高度な設定」-「クラス定義」メニューを
  クリックします。
 ②クラス定義テーブルが表示されるので、
  「製造BOM(GUI)」を探します。
 ③ドリルダウンすると、使用可能なプロパティが表示されます。
 ④テーブルの左上セルを右クリックすると「列切り替え」というメニューがありますので、
  「プロパティ定義」に切替えます。
 ⑤「製造BOM(GUI)」クラスのプロパティ定義の値が編集できるようになりますので、
  「別名」フィールドに値を設定します。

ユーザプロパティをプロパティウィンドウの指定したタブに表示したい (2009/09/04)

Q:ユーザプロパティを追加しているのですが、プロパティウィンドウの「基本」タブや「仕様」タブに表示したいことがあります。これは設定することで対応できるでしょうか。

A:

プロパティごとに、
プロパティウィンドウのどのタブに表示させるかを
設定することができます。

プロパティ定義の編集ダイアログで
「表示設定」タブの
 ユーザ指定所属タブ
を変更します。
たとえば、ユーザ定義プロパティの「ユーザ指定所属タブ」を「基本」タブに設定すると、
プロパティウィンドウの「基本」タブに表示することができます。

また、表示する行については「ユーザ指定表示順」というプロパティで
調整することができます。

マスタやオーダは増えていないのにファイルサイズが急に大きくなりました (2009/08/03)

Q:マスタやオーダは増やしていないのですが、ファイルサイズが急に大きくなりました。なぜでしょうか。

A:

原因の一つとして、
スケジュール評価結果が大量に保持されていること
が考えられます。
スケジュール評価結果オブジェクトは、メモリを大量に消費します。

以下についてご確認ください。


  1. スケジュール評価結果テーブルを表示し、
    不要にオブジェクトが溜まっていないかどうか、確認してください。
    不要なオブジェクトは削除してください。
    「テーブル表示」-「評価結果」-「スケジュール」メニューから
    「スケジュール評価結果」テーブルを表示することができます。

  2. 「スケジュール評価」コマンドの
    「評価結果オブジェクト数の上限」のデフォルト値を小さい値に変更してください。
    「テーブル表示」-「コマンド」-「計画パラメタ」メニューから
    「計画パラメタ」テーブルを表示し、
    「スケジュール評価」コマンドのプロパティウィンドウを表示します。

    「評価結果オブジェクト数の上限」というプロパティが最下行に表示されますので、
    デフォルト値を「10000」から小さい値(50など)に変更してください。


式の中にカンマがあるときのCSVファイルのインポート/エクスポートがうまくいきません (2008/07/09)

Q:式の中にカンマがあるときプロパティを含むテーブルをCSVファイルにエクスポートし、 インポートすると、列がずれてうまくいきません。どのようにしたら良いでしょうか。

A:

方法は2つあります。

① 「フィールド区切り文字と小数点文字」をカンマ区切りではなく、タブ区切りにする。
② ダブルクォテーションでくくる。フィールドマッピングでマップしたフィールド(右側の列)にて
  「ダブルクォーテーションでくくる」を「はい」にする。

無限能力なのにリスケジュールが遅い (2008/07/07)

Q:無限能力なのにリスケジュールが大変遅いです。どのような理由が考えられますか?

A:

データを拝見いたしました。確かに無限能力で割付けていますが、リスケジュールに
時間がかかっています。9万作業で40分もかかっていますね。

これは、開始日時と終了日時がまったく同じ作業がたくさん、1つの資源に割りついて
いるためです。

無限能力で割付けていることも理由の1つですが、多くの作業が、まったく同じところに
まったく同じリードタイムで山積みされています。このような状態になっている山の
すぐ横に別の作業を割付けるとき、通常時に比べてかなり計算量を要します。

なぜかというと、1つの作業を割付けるとき、その付近の作業との組み合わせにより、
前後依存段取り(品目段取りなど)が発生するかどうかをチェックする必要があるのですが、
製造開始日時がまったく同じ作業がたくさん山積み割付されていると、それらの
山積まれた作業1つ1つに対して前後依存段取りをチェックしなければ行けないからです。
1秒でもずれていれば、チェックしなくていいことになるのですが、このデータのように
きっちり同じ日時に山積まれていると、前後依存段取りがその分行なわれます。

作業を割付けるたびにそのチェックを行なっていたため、指数関数的にチェック回数が
増えていました。今回頂いたデータでは、幸い前後依存段取りの設定はなかったので、
この場合は計画パラメタクラスの「前後依存段取りの設定を適用する」を
「いいえ」にする
ことにより、チェックを省略することが出来ます。

実際にやってみると、想定内のパフォーマンス(3分程度)で収まりました。

テキストファイルのインポートのとき、納期変更を受け付けないようにするには (2008/06/26)

Q:テキストファイルのインポートのとき、一度インポートしたものに対して、2回目のインポートを受け付けないようにするにはどうすればいいですか?たとえば、オーダテーブルで納期変更や数量の変更を受け付けないようにするには?

A:

データ入出力テーブルにて、該当するDBIOオブジェクトを選択し、プロパティウィンドウの
インポートタブにある「レコードマージルール」でダイアログを起動してください。ここで、
外部変更フラグと内部変更フラグのマトリックスが出てきますが、これの該当する箇所を
「内部」に変更してください。セルを選択して右クリックメニューを出せば、一括変更ができます。
(詳しくは、ヘルプ「レコードマージルールダイアログ」(HelpNo.:734500)参照)

次に、フィールドマッピングウィンドウの右側の列(つまり外部側)にて、該当する
フィールドをクリックし、プロパティウィンドウ「基本」タブの「プロパティマージルール」
プロパティを「内部優先」にしてください。

これで設定は完了です。「内部」と「内部優先」は紛らわしいですが、
 内部:インポートしない
 内部優先:すでに値が設定されていない場合のみインポート
となっています。
(詳しくは、ヘルプ「マージルールと変更フラグ」(HelpNo.:757140)
参照してください。)

印刷時のヘッダー/フッターや表示サイズ、期間を設定するには (2005/10/10)

Q:印刷時のヘッダー/フッターや表示サイズ、期間を設定するにはどうしますか。

A:

印刷時のヘッダー/フッターや表示サイズ、期間を設定します。

設定方法


  1. 印刷したいチャートまたはテーブルを開きます。

  2. 表示メニューの「印刷設定」を選択して、印刷設定の情報をプロパティウィンドウに表示します。

  3. 変更したいプロパティの値を設定します

バックアップのファイル数を変更するには (2005/10/10)

Q:上書き保存時に作られるバックアップファイルの数を少なくしたいのですが。

A:

バックアップファイルのファイル数を設定できます。

設定方法


  1. オブジェクトウィンドウで「ルートオブジェクト」の下の「ワークスペース」を選択します。

  2. プロパティウィンドウで「設定」タブを選択します。

  3. 「Ar3/Ar4バックアップファイル数の上限」プロパティに保存数の上限を設定します。

※上限を超えてしまった場合は、ファイル更新日時の古いものから強制的に削除します。

バックアップ先のフォルダを変更するには (2005/10/10)

Q:上書き保存の時に作られる、バックアップファイルの保存先のフォルダを変更したいのですが出来ますか。

A:

バックアップファイルの保存先のフォルダを設定することが出来ます。

設定方法


  1. オブジェクトウィンドウで「ルートオブジェクト」の下の「ワークスペース」を選択します。

  2. プロパティウィンドウで「設定」タブを選択します。

  3. 「Ar3/Ar4バックアップファイル保存先フォルダパス」プロパティに保存先のフォルダを設定します

ツールバーにコマンドボタンを追加/削除するには (2005/10/10)

Q:ツールバーにコマンドボタンを追加/削除するにはどうしますか。

A:

◆ コマンドボタンの追加/削除
ツールバーにコマンドボタンを追加/削除するには、カスタマイズダイアログで設定します。

設定方法


  1. メニューバーから「ツール/カスタマイズ」を選択します。カスタマイズダイアログが表示されます。

  2. 「コマンド」タブの「カテゴリー」からツールバーの種類を選択します。「ボタン」に選択したツールバーに属するコマンドボタンが表示されます。

  3. 【コマンドボタンの追加】追加したいコマンドボタンをマウスの左ボタンを押したままツールバー上まで移動して左ボタンを離します。ツールバーに選択したコマンドボタンが追加されます。

  4. 【コマンドボタンの削除】ツールバー上の削除したいコマンドボタンをマウスの左ボタンを押したまま「ボタン」まで移動して左ボタンを離します。ツールバーからコマンドボタンが削除されます。

◆ ツールバーの初期設定化
デフォルトのツールバーはコマンドボタンの設定を初期状態に戻すことができます。

設定方法


  1. カスタマイズダイアログの「ツールバー」タブから初期設定に戻したい既存のツールバーを選択します。選択したツールバーが反転します。

  2. 「リセット」ボタンを押します。選択した既存のツールバーのコマンドボタンが初期設定状態に戻ります


新しいツールバーを作成/削除するには (2005/10/10)

Q:新しいツールバーを作成/削除するにはどうしますか。

A:

新規にツールバーを作成/削除するには、カスタマイズダイアログで設定します。

◆ ツールバーの作成

設定方法


  1. メニューバーから「ツール/カスタマイズ」を選択します。カスタマイズダイアログが表示されます。

  2. 「ツールバー」タブの「新規」ボタンを押します。新規ツールバー名を入力するダイアログが表示されます。

  3. 新規に作成するツールバー名を入力します。

  4. 「OK」ボタンを押します。新しいツールバーが追加されます。


◆ ツールバーの削除

設定方法


  1. メニューバーから「ツール/カスタマイズ」を選択します。カスタマイズダイアログが表示されます。

  2. 「ツールバー」タブのツールバーリストから削除したいツールバーを選択します。(*デフォルトのツールバーは削除できません)選択したツールバー名が反転します。

  3. 「削除」ボタンを押します。選択したツールバーがリストから削除されます

ツールバーの表示、非表示を切り替えるには (2005/10/10)

Q:ツールバーの表示、非表示を切り替えるにはどうしますか。

A:

ツールバーの表示/非表示を切り替えるには、ツールバーのカスタマイズダイアログで行います。

設定方法


  1. メニューバーから「ツール/カスタマイズ」を選択します。

  2. カスタマイズダイアログが表示されます。「ツールバー」タブのツールバーリストから表示するツールバーにチェックを入れます。

  3. 「OK」を押します。選択したツールバーが表示されます

日付の表示形式を設定するには (2005/10/10)

Q:日付の表示形式を設定するにはどうしますか。

A:

日付の表示形式の設定は、日付フォーマットから選択します。

設定方法


  1. オブジェクトウィンドウの「プロジェクト/地域設定/System Locale」を選択します。※1プロパティウィンドウに地域定義のプロパティが表示されます。

  2. 「日付フォーマット」プロパティの「値」セルをクリックし、ドロップダウンリストボックスの中から該当する日付フォーマットを選択します。

日付フォーマットの種類は以下のとおりです。

年/月/日
月/日/年
日/月/年

※1 プロジェクトに名称がついている場合は、の"プロジェクト"はプロジェクトの名称が表示されます。