生産スケジューラのAsprova
 
よくあるご質問

品目

よくある質問内を検索:

投入品目の数量を丸めると、後工程の数量に端数が発生します。どうすれば良いですか? (2012/07/04)

Q:投入品目の数量を丸めています。前工程が確定されたり、実績が入力されると、後工程の数量に端数が発生します。どうすれば良いですか?

A:

このような場合、後工程側、もしくは親オーダ(親品目)側のマスタ入力指図の「製造数量計算式」にて、端数を切り捨てることができます。

製造数量計算式は製造BOMテーブルで設定することができます。(製造BOMテーブルの「詳細」タブをご覧ください。)

たとえば、以下のような式が考えられます。

Truncate((ME.Qty*ME.InputBomInst.Yield-ME.InputBomInst.Scrap)/ME.InputBomInst.InOutRate,0)

これは、入力指図数量に歩留りを掛け合わせて、スクラップを差し引いた値を
必要量で割った上で、Truncateを用いて小数点以下0桁で端数を切り捨てます。

投入する品目の数量を丸める場合、入力数量計算式ではRoundup関数を利用されることが多く、この場合には製造数量計算式も同様に切り捨てるように式を記述する必要がございます。

中間品目(前工程からの産出物)の自動生成 (2010/02/10)

Q:品目テーブルで右クリック→中間品目生成で中間品目(前工程からの産出物)を自動生成した場合の挙動について、確認させていただけますでしょうか。

A:

「中間品目生成」を実行したとき、対象工程(初工程以外)に入力指図が存在しない場合に、中間品目が自動的に生成されます。製造BOMの工程に入力指図がすでに存在していると「中間品目生成」を行っても中間品目は作成されません。

原料制約違反した作業が割り付く日時は何を基準に決まるのですか? (2009/09/10)

Q:原料制約を「はい」として運用していた場合の、制約発生によるダミー資源への割付位置ですが、どのようにして決定しているかを教えて下さい。

A:

原料制約を課す場合は以下のような割付けとなります。
 バックワード割付時:最遅終了日時(算出値)
 フォワード割付時 :最早開始日時(算出値)

フォワードで割り付けるときには、紐付けがあれば、
これも加味した日時に割り付けます。

なお、バックワードで割り付ける場合には
日時関係が逆転する可能性があります。
このため、計画パラメタの基本タブの「最早開始日時を超えた時」を
"フォワードに切り替え"にするなどの設定が必要になります。

ヘルプの以下のトピックもご参照ください。
 「設定方法の例」-「在庫」-「品目に原料制約を設定する」
 「ロジック」-「原料制約」-「原料制約」

分割した作業は同じ資源に割り付けたいのですが、可能でしょうか。 (2009/09/01)

Q:品目テーブルの作業ロットサイズMAXで作業分割を設定しています。
なぜ、作業分割された作業が並行して割りつけられるのでしょうか?

A:

作業並行数に値が設定されていない場合、
作業並行数の制約をせずに割り付けます。

ですので、一つの資源に割り付けたい、ということでしたら、
作業並行数に「1」を設定する必要があります。

ほとんどの品目で作業並行数が「1」の場合、
デフォルト値に設定していただくことも挙げられます。

ヘルプの以下の項目もあわせてご参照ください。
 「設定方法の例」-「分割」-「品目に分割した作業を並行で行う設定をする」
 「設定方法の例」-「チャート」-「分割した作業を並行で行う」

製造効率を加味してリスケジュールした後、作業移動すると製造効率が反映されません。 (2009/08/03)

Q:製造効率を設定した計画パラメタでリスケジュールした後、作業移動したのですが、製造効率が反映されません。なぜでしょうか。

A:

作業移動時には
現在選択されている(計画パラメタコンボボックスに表示されている)
計画パラメタの製造効率を参照して製造時間を計算します。

たとえば、以下のような計画パラメタを作成しているとします。
 親パラメタ(製造効率は「1」)
  |-子パラメタ①(製造効率は「0.9」)
  |-子パラメタ②(製造効率は「0.9」)

現在選択されているパラメタが「親パラメタ」の場合、
作業を移動しますと、製造効率「1」として製造時間を計算します。

一方、「子パラメタ①」パラメタが選択されている場合、
作業を移動しますと、製造効率「0.9」として計算します。
これが、意図されている動作かと思われます。

もし、計画パラメタに関わらず、
計画全体に対して製造効率を加味させたいとのことでしたら、
計画設定の製造効率プロパティをご利用いただくことも考えられます。

※製造効率は以下の箇所に設定できます。
 資源 品目 マスタ使用指図 オーダ
 計画パラメタ プロジェクト

詳細はヘルプの
 「ロジック」-「製造時刻・製造時間・段取り時間」-「製造効率」
をご参照ください。

品目に原料制約を設定するには (2005/10/10)

Q:品目に原料制約を設定するにはどうしますか。

A:

品目に原料制約を設定します。

設定方法

  1. 品目テーブルの「原料制約フラグ」のドロップダウンリストボックスから「はい」を選択します。

  2. 原料制約をする場合は、計画パラメタ設定の原料制約の設定もする必要があります。

設定方法


  1. ツールバーの「計画パラメタ設定」ボタンを押します。または、メニューから「スケジュール/計画パラメタ設定」を選択します。プロパティウィンドウに現在の計画パラメタのプロパティが表示されます。

  2. プロパティウィンドウの「基本」タブを選択します。

  3. 「原料制約を課す」プロパティにチェックを付けます

自動生成オーダの数量を余りがないようにするには (2005/10/10)

Q:自動生成オーダの数量を余りがないようにするにはどうしますか。

A:

自動生成オーダの数量を余りが出ないようにするには、品目テーブルの製造ロットサイズMax、Min、Unitに設定します。

品目に分割した作業を並行で行う設定をするには (2005/10/10)

Q:品目に分割した作業を並行で行う設定をするにはどうしますか。

A:

分割した作業が並行して割付く資源の数を品目の作業並行数に設定します。

設定方法


  1. メニューバーから「テーブル表示/品目」を選択します。品目テーブルが表示されます。

  2. 品目テーブルの「作業並行数」を設定します。

  3. ガントチャートを表示させ「リスケジュール」ボタンを押します。分割作業が作業並行数で設定した数の資源に並行して割付きます

品目に比率を指定して作業を分割するには (2005/10/10)

Q:品目に比率を指定して作業を分割するにはどうしますか。

A:

"品目に分割する比率を指定して作業を分割します。

設定方法


  1. メニューバーから「表示テーブル/品目」を選択します。品目テーブルが表示されます。

  2. 品目テーブルの「分割比率」に、作業の分割比率を設定します。

  3. ガントチャートを表示させ「リスケジュール」ボタンを押します。設定した比率で作業が分割されて割付きます


品目に分割数を指定して作業を分割するには (2005/10/10)

Q:品目に分割数を指定して作業を分割するにはどうしますか。

A:

品目に分割数を指定して作業を分割します。

設定方法


  1. メニューバーから「テーブル表示/品目」を選択します。品目テーブルが表示されます。

  2. 品目テーブルの「作業分割数」に分割数を設定します。

  3. ガントチャートを表示させ「リスケジュール」ボタンを押します。設定した分割数で作業が割付きます