生産スケジューラのAsprova
 
よくあるご質問

NLS

よくある質問内を検索:

Asprova NLSに接続できません。 (2012/01/26)

Q:プロテクタもライセンスもAsprova NLSでは認識しているのですが、Asprova APSから接続すると「サーバが見つかりません」というメッセージが表示されます。

A:

まず、通信機器が正しく接続されていることをご確認ください。


  • LAN ケーブルが接続されているかどうか、断線がないかどうか

  • ハブやルータやゲートウェイに故障などがないかどうか

次に、Asprova NLSを起動している端末と通信ができるかどうかをご確認ください。


  • Asprova NLS ユーティリティを利用して検索されるかどうか

  • pingコマンドが送信できるかどうか


以下のソフトを使用されている場合、TCP ポート、UDP ポートの通信を遮断していないかどうかをご確認ください。確認の際は、設定のほか、ログもご確認ください。

  • ファイアウォール : 通信プロトコル、ポート、アプリケーションなどの単位で通信を許可するかどうかを設定できるソフトもあります。

  • アンチウィルスソフト : ウィルスチェックのほか、ファイアウォール機能を持つソフトもあります。

ネットワーク上のハードウェアで通信が遮断されていないかどうかをご確認ください。
ルータやゲートウェイ、ファイアウォールなどの機器には通信を遮断するかどうかを設定で
きるものがあります。

ネットワーク上のハードウェア、アプリケーションがAsprovaNLS の通信ポートにパケットを送信していないかどうかをご確認ください。
NAS(Network attached storage)やUPS(無停電電源装置)などの装置から定期信号が送られている可能性があります。
もし、パケットが送信されている場合はファイアウォールで遮断するなどして動作をご確認ください。

Asprova NLSでユーザごとに作業数を指定することができますか? (2011/04/05)

Q:複数のラインを別々のプロジェクトファイルで計画しており、複数のMSのライセンスを持っています。それぞれの必要な作業数も異なっています。このため、10万作業オプションを使うユーザ、使わないユーザとを区別したいのですが、可能でしょうか。

A:

ユーザテーブルで設定することができます。
ユーザテーブルの作業数の項目に値を設定することにより、指定した作業数を超えるライセンスのうち、もっとも作業数が少ないライセンスが使用されます。

値が指定されていない場合はご購入いただいているライセンスの中でもっとも作業数が少ないライセンスから使用されます。

詳細に関しましては、Asprova NLS・DSマニュアルの9Pに記載しておりますので、こちらもご参照ください。

※Asprova NLSのVer.1.0.0.17以降の機能となります。

Asprova NLSにログイン時の強制ログアウト (2010/07/22)

Q:Asprova NLSにログインしているときに強制ログアウトされることがあるのですが、原因として何が考えられますか?

A:

原因としては以下が考えられます。

  • ファイアウォールやアンチウィルスソフトにより、通信用のポートが閉じられている
  • Asprova NLSとクライアント(Asprova)が別の事業所にあり、ネットワーク上のルータなどにより通信が遮断されている

Asprova NLSに対して、Asprovaからログインしたあとは、Asprova は一定時間(90 秒)ごとに、Asprova NLS に向かって生存信号を送信します。生存信号はUDP(デフォルトポート番号4001)パケットを送信します。

Asprova NLS は、生存信号が5 分以上届かない場合に、ネットワークが遮断されたか、Asprova が不正終了したとみなして、ライセンスを開放します。そしてAsprova は、コマンド実行時にAsprova NLS に問い合わせを行い、ライセンスが有効であるかどうかを確認します。

Asprova NLSのインストールフォルダに通信ポートを指定する設定ファイルがあります。設定ファイルは「asnlsenv.txt」というファイルです。ファイル内に以下のような記述がありますので、必要に応じて変更してください。
 TCP_PORT : 4000
 SERVER_UDP_PORT : 4001

変更後はAsprova NLSの再起動が必要となります。

Asprova NLSでマジックNoを適用したら、ログインできなくなりました (2009/11/03)

Q:NLSを使用しています。オプションを追加したのでマジックNoを頂きました。 NLSユーティリティでマジックNoを適用したのですが、Asprovaからログインが出来なくなりました。 クライアント側からサーバへの接続はできています。どうしたらよいでしょう。

A:

おそらくライセンスファイルの置き換えが上手く出来ていないからではないかと思います。

Asprova NLSの場合は、マジックNoと一緒に新しいライセンスファイルをお送りしています。
そちらの新しいライセンスファイルを置き換え手見てください。
置き換える際は、NLSユーティリティでサーバを停止してからファイルを置き換えて下さい。
その後にサーバを起動しなおしましょう。