アスプローバ/高橋邦芳社長、SCM改革について取材を受けました。

「生産計画スケジューラApsrova」開発で高い導入実績を誇るAsprova。1990年代、不可能とされていた汎用生産スケジューラパッケージソフトを低コスト、短期納期で実現したからだ。これまでに、世界1600以上の導入実績があり、国内シェアは52.4%(テクノ・システム・リサーチ調査)と圧倒的なシェアを持つまでに至った。
システム設計を手掛けた同社高橋邦芳社長はすでに次のアイデアを温めていた。しかし、それを実現するためにはCPU とメモリの能力向上を待たねばならなかった。
そして満を持して2010 年6 月発売したのが「AsprovaSCM」だ。社長高橋に開発経緯から今後の展開までの取材を受けました。
詳細はこちらをご覧ください。