デジタルチャイナとAsprovaが協業しました。

 近日、中国の神州数码(デジタルチャイナ)ERPは日本最大のAPSメーカであるAsprovaと協業することに決定しました。お互いの製品を連携し、製造業にもっと完璧な生産管理ソリューションを提供します。
 ERPシステムが今日の主流生産管理システムとして、広く運用されるとともに、生産スケジューラに対する期待も高まっています。リードタイムの短縮、特急オーダの対応、オーダに対する細かくスケジュールできることなどは要求されています。ERPはAPSと連携して、このような問題を解決する必要になります。デジタルチャイナは中国のERPのブランドとして、戦略的に国際一流のAPSシステムと連携し、情報産業の最新技術は一刻早く製造業のユーザさんに提供し、業務展開、競争力をアップさせます。
 Asprova APSは最優先のスケジューラとして、1994年日本で誕生し、2008年9月まで、世界で1281サイトが導入された。特に、Asprovaは国内シェア52.4%に達しました。各業種に高く評価されました。
 今回デジタルチャイナとAsprovaとの連携は中国製造業に新たなシステムを提供し、中国の情報化システムを大幅に推進します。