アスプローバ、Asprova APSの新パートナー制度を発表

アスプローバ株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:高橋邦芳)は、5月26日リリース開始のAsprova APS Ver4.0の新パートナー制度を発足します。 Asprova APSは従来の生産スケジューラーの概念をさらに拡張し、受注から製造・購買までの、長期・中期・短期の計画をサポートすることにより、製造業の生産・経営の全体最適を実現するツールです。

これまでは、Asprovaの販売パートナーは、販売特約店だけでしたが、Asprova APS Ver4.0からは、販売特約店に加えて、販売パートナー、販売エージェント、SI(システムインテグレーション)パートナーの制度を開始します。

販売特約店は、販売・コンサルテーション・SIができる体制を整え、定常的に販売活動を行います。一定販売額を約束する代わりに、低い仕切り価格で製品を仕入れることができます。販売パートナーは、定常的には販売活動は行わないが、顧客への販売機会があるときに販売を行います。原則として、製品を販売特約店から仕入れます。販売額は約束しないものの、営業案件が発生したときに随時対応できる販売ルールを拡充しようとするものです。販売エージェントは、有望な見込み客を見つけてアスプローバ社または販売特約店に紹介します。製品デモや提案までは行いません。SIパートナーは、導入コンサルテーション、操作指導、追加プログラム開発を行うことができます。販売特約店や販売パートナーが、導入コンサルテーションやSIを他社に依頼したいという場合に、SIパートナーがSIを請け負います。

この販売パートナー制度により、商売のチャンスを逃がさず、適宜セールス活動を進めて頂くことにより、パートナー様共々に、Asprovaの事業拡大を図っていくことを目的に新たにこの制度を導入致します。

新販売パートナー募集
「Asprova APS新パートナー制度説明会」のお知らせ