中国北京に現地法人設立

アスプローバ株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:高橋邦芳。以下、「AS」という)は、中国に現地法人「阿斯普諾(北京)科技有限公司」(以下、「ASC」という)を昨年5月に設立し、創業準備期間を経て、このたび、北京市にオフィスを開設し本格的な営業活動を開始しました。

ASC設立の目的は、日本国内でトップシェアの生産スケジューラーAsprova(アスプローバ)の中国全土における販売・サポート網を構築し、主に日系製造業の工場に対する現地サポートを提供することです。これまでも、中国には2社の販売特約店がありましたが、メーカーとしてのサポートは日本から行っておりました。今後は、ASCが中国国内からサポートを行い、お客様へのサービス向上をはかります。

4年前、最初に中国でAsprovaを販売開始した当初は「中国では人件費が安く、人もいくらでもいる。だから、緻密な生産スケジューリングはいらない」と言われていましたが、中国経済の急速な発展により人件費が高騰、さらに競争の激化によるリードタイム短縮、在庫圧縮、少人化のニーズが急速に高まりつつあり、生産スケジューリングへのニーズも今後増大することが見込まれます。
ASCには、ASにおいて開発者として5年間の勤務経験をもつ中国人白成鎬氏を総経理として起用しました。Asprova製品と中国市場を熟知した白総経理のもとで、これから本格的な営業活動を開始する予定です。2006年は7本、3年後の2009年には30本の販売を目標としています。

■ホームページ
Asprova(Beijing) Technology Co., LTD.http://www.asprova.cn
■会社概要

商号:
(中国語):阿斯普諾(北京)科技有限公司
(英語) :Asprova(Beijing) Technology Co., LTD.

資本金:100万元(約1300万円)

法人代表:白成鎬

設立日:2005年5月12日

住所:
Room D1205, Jiahua Building,
No.9, 3th Street, Shangdi Information Industry Base,
Haidian District, Beijing 100085, China

代表電話:+86(10)62964269

主要株主:アスプローバ株式会社(70%)