製造業向け工程管理システム「現場まね~じゃ」とAsprova2003の連携を実現

プレスリリース
製造業向け工程管理システム「現場まね~じゃ」と生産スケジューリングシステム「Asprova2003」の連携を実現

2005年3月29日
NECインフロンティア株式会社

NECインフロンティア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長:斉藤紀雄)はこのほど、NECインフロンティアの製造業向け工程管理システム「現場まね~じゃ」と、アスプローバ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋邦芳氏)の工場向け生産スケジューリングシステム「Asprova2003(アスプローバ2003)」の連携を実現し、4月1日より販売活動を開始します。

「現場まね~じゃ」はNECインフロンティアのリアルタイム工程管理システムであり、製造業の日程計画から工程管理、実績収集、分析業務までをトータルサポートするシステムです。上位システムからの作業指示をリアルタイムに現場に伝達し、また当社製webターミナル「Touch@i」等の入出力端末を用いて、現場からの生産実績を上位システムにリアルタイムに反映することにより柔軟な製造工程管理を実現します。

一方「Asprova2003」は、アスプローバ社が工場向けに開発した生産スケジューリングシステムであり、上位システムからの生産計画情報と現場からの実績変動情報をもとに、状況に応じた最適な生産スケジュールを高速解析し、工場での作業合理化、工数削減を実現します。なおアスプローバ社は過去10年間で、生産スケジューリングソフトウェア全世界累計販売本数900本以上という実績を有しています。

このたび最新版である「Asprova2003」に「現場まね~じゃ」を対応させることにより、「Asprova2003」の高速解析と「現場まね~じゃ」のリアルタイムな作業指示と実績収集により、もの作りにおけるスムーズな管理サークル(Plan、Do、See、Check)を実現します。

NECインフロンティアでは、「Asprova2003」と「現場まね~じゃ」を連携させた生産管理システムについて、今後3年間で50システムの販売を目標にしています。価格は1工場あたり、600万円からです。

なお、このたびの連携システムの発売開始に際し、アスプローバ社の高橋邦芳社長より下記のエンドースメントを頂いております。


NECインフロンティアの「現場まね~じゃ」と弊社「Asprova」は、ともに製造業向けのシステムとして2000年より連携を開始し、それぞれの特性を活かし多くの実績を挙げて参りました。今回、最新版「Asprova2003」と連携するにあたりまして、これまでご好評いただいております諸機能をさらに強化し、お客様の”製造業の勝ち組”への路を強力にサポートできるシステムとして、両社でさらなる拡販を進めて参ります。

アスプローバ株式会社   代表取締役社長 高橋邦芳


概略イメージ図


*「Touch@i/タッチアイ」はNECインフロンティア株式会社の登録商標です。
*「Asprova」はアスプローバ株式会社の登録商標です。
*その他記載されている会社名、製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。


●本件の報道関係からのお問合せ
NECインフロンティア(株) 経営企画室広報部 田中・西窪
電話:(03)5282-5802 e-mail:koho@nec-i.nec.co.jp

●本件のお客様からのお問合せ
NECインフロンティア(株) ソリューションパートナー営業事業部
第一営業部製造・プロセスグループ 伊藤
電話:(03)5282-5828

●ホームページ
http://www.necinfrontia.co.jp/solution/industry/genba/index.htm