生産スケジューラのAsprova
 
トップ会社情報お知らせAsprova MRPクラウドサービス体験セミナーの定期開催を開始しました。
会社情報

Asprova MRPクラウドサービス体験セミナーの定期開催を開始しました。

【 2011年1月 4日:更新 】

 工場向け生産スケジューリングシステムおよびサプライチェーン・マネジメント・プランニングシステムの開発・販売をおこなうアスプローバ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋 邦芳)は、2011年1月から、MRPシステムである『Asprova MRP』をクラウドで提供するサービスを紹介する『Asprova MRPクラウドサービス体験セミナー』を開催します。 初回は2011年1月17日(月)に開催し、その後は隔週で開催予定です。無償です。

【Asprova MRP (Material Requirement Planning)】
 製造BOMを用いて、単一工場の所要量計算、つまり、製品の需要から半製品や原材料の需要を計算し、無限能力で高速にスケジューリングします。納期回答などが実現できるほか、受注オプションを使って受注情報を取り込んだり、購買オプションを使って購買計画を立案したりして、業務にFitさせることができます。設備詳細計画を立案するAsprova APSと同じ製品ですので、APS(Advanced Planning and Scheduling)へのシームレスな移行が可能です。

詳細についてはこちらをご覧ください。


→[ お知らせ ]の一覧に戻る