生産スケジューラのAsprova
 
トップ会社情報お知らせ昨今の生産スケジューラ市場
会社情報

昨今の生産スケジューラ市場

【 2009年3月20日:更新 】

昨今の生産スケジューラ市場

アスプローバ株式会社

副社長 藤井賢一郎

生産スケジューラのメーカとしては、「生産量の減少=生産スケジューラの必要性の減少」と心配していましたが、今年のマーケット事情は少し違うようです。企業は、昨年末までに、「内部統制」の法的対応のためにERPの導入をいそいでまいりました。終了したこの時点で、今年は効果策定の段階にあると思いますが、昨年の大きな投資に加えて、今年の不況が重なり、大きなIT投資はできなくなりました。しかし、以前から申し上げていますとおり、あくまで、ERPを中心とした管理系のシステムは、守りのシステムにあたります。企業の攻撃的システムのひとつとして、生産スケジューラは、ERP(MRP)システムの定着とともに導入していただけますと、その成功率は非常に高くなることは、中国市場などをみても明白です。また、ERPをビックバン導入した多くの企業では、思いのほか、ノンカスタマイズでのシステム導入にアレルギーがなくなっています。その意味で、ERPと比較すると廉価で、結果のでやすい当社製品は、重宝されているようです。ぜひ、皆様の企業でも、当社製品を体験版や入門コースで勉強することからはじめてください。検証版を貸し出すようなキャンペーンも今年に限ってはしています。自社でプロトタイプをつくれるようになりますと、効果算定もできますし、実際導入も簡単です。
ますば、当社ホームページから体験版のダウンロードをお申し込みください。
→[ お知らせ ]の一覧に戻る