生産スケジューラのAsprova
 
トップ会社情報お知らせAsprovaの上海オフィスが子会社に昇格――派程(上海)軟件科技有限公司
会社情報

Asprovaの上海オフィスが子会社に昇格――派程(上海)軟件科技有限公司

【 2008年10月24日:更新 】

今月から、日本のAsprova株式会社の上海オフィスがAsprovaの中国の子会社-派程(上海)軟件科技有限公司に昇格しました!!Asprova社が正式に中国市場を開拓することを示しました。実績はより高まっています。今年の売上は昨年より10倍伸びています!

生産スケジューラ領域で立派な実力者として,Asprovaは1994年日本東京に設立し、日本で最も早い生産スケジューラの開発及び販売の専門会社です。十数年間で、生産スケジューラ領域に集中し、大幅の成果を得ました。その製品は世界1200以上の工場に導入され、特に日本国内シェアは52.4%、実績は日本でTOP1になります。製品は電気、電子、金属パーツ、機械、材料、日用品、運輸機械、化学、医療品など、幅広い分野から高い評価を頂いています。

Asprova社の主要製品「Asprova APS」は受注・製造・購買における長期計画・中期計画・短期計画もひとつのモジュールであり、従来の生産スケジューラ理念を超えたAPS(Advanced Planning and Scheduling)システムです。従来のスケジューラは製造における短期的にしか計画できません。Asprova APSは長期計画で年間販売計画及び生産準備(3ヶ月)を立案し、続いて短期的にスケジューラを行い、最も実際的業務状態の環境を提供いたします。また、受注から製造、購買までを完全にひも付けたスケジュールを作成することより、リードタイム短縮が可能となり、さらに、製品在庫・購買品在庫削減、コストダウン、利益増大、見える化も実現します。

近年、中国企業が情報システムの注目度を高めるとともに、APSの重要性はもっと多くな企業に知られ、Asprovaの上海支社の実績も伸びていて、昨年より10倍伸びました。APSの導入は製造業企業これからの動向になることを示しました。これはAsprovaはこの動向に沿い、適時に発展途上国の製造業のノウハウを中国企業に伝達し、中国の製造業の未来のために努力しています!


→[ お知らせ ]の一覧に戻る