事例から教える!中国で成功する生産システム導入の条件Vol.1

 アスプローバ上海の総経理藤井賢一郎氏は事例から中国でのシステム立ち上げのポイントを説明します。
中国の情報システムは人力の効率化という段階をハイスピードで駆け抜けたが、弊害も多い。例えば、海外の先進的なコンピュータシステムを熟知せず表面的に導入した結果、情報が適切に入力されずに、システム自体がうまく稼働しないなどの問題が起きている。また、ERPが導入されていても、多くの生産現場では相変わらず慣れ親しんだEXCELで管理しているのが現状である。中国の人件費が高騰している現在、情報システムは今まで以上に生産現場の効率化の実現を期待されている。
記事の詳細はこちらをご覧ください。