生産スケジューラのAsprova
 

医薬

医薬業界の課題

 世界的な意味で、日本の大手製薬業もその事業規模では、生き残りがむずかしい中、グローバルなM&Aが進んでいくことは、まぬかれえない。数社の大手製薬業と比較して、多くの中堅中小の製薬業もそれによってグローバルな生存競争にさらされている。  ネガティブな業界環境だけでなく、医事法の改正により、品質力のあるそれら日本の中堅中小の製薬業は、OEM生産という機会を得た。また、日本国内での人口減少および、人口爆発をすすめる新興国というボリュームゾーンでは、ジェネリック医薬品という膨大な開発費のみをもつ大手製薬業に独占されてきた市場を価格という面で席巻できるチャンスも生まれている。


ソリューション

 製薬業は一種のプロセス産業であるため、複数の原料から薬の原材料をつくりだし、それを、また複数の最終製品へと引き当てていくという工程をもっている。さらに、組立産業と異なるのは、その中間体に賞味期限があることである。  よって、市場の需要にそって、新鮮な製品を出荷していくためには、中間体の製造コントロールが不可欠の計画要件となっている。OEM生産工場では、少量多品種生産が宿命となり、ジェネリック薬品の工場では、提供する包装形態などが多様化する。これら生産計画の適正化およびリードタイムの削減も、競合他社にかつための必須要件となっている。  人体に与えられる最終製品であるがゆえに、食品などと同様に、検査工程は厳しい。ここにまた、人員や検査装置などの制限によるボトルネック工程が共通に表れる。TOC理論を活用しながら、それら問題解決をスケジューラを利用してとの組んでいる企業も多い。


導入実績製品分野

大手製薬業・OEM企業・ジェネリック製品・医薬部外品製造・マスク・インフルエンザワクチン・試薬製造・動物薬品・・・

導入事例

ジェネリック薬品


プロトタイプ

導入事例やサンプルデータで大体の導入イメージが分かります。しかし、2つと同じ工場はありませんので、実際に導入検討していただくには、自分の工場のデータでプロトタイプを作成することをお勧めします。プロトタイプを作成するには、以下の方法があります。
 ①無料体験版で自力でプロトタイプを作成する。
 ②プロトタイプ作成支援サービスを活用する。

詳細はサポートセンターをご覧ください。





→[ 業種別ソリューション事例 ]のトップページに戻る

→資料請求はこちら