生産スケジューラのAsprova
 

消費財

消費財業界の課題

① 品質課題 ... 仕掛品の消費期限を考慮しながら、効率的な計画を立てなければいけない。
② 納期 ... 原料投入から工程が進むにつれて、荷姿に応じて仕掛品が分岐していったり、工程が複雑であったりするため、特急注文や納期変更に対応できるのかがすぐに分からない。
③ 原価、利益 ... 製品ごとの原価と利益を見えるようにしたい。
④ タンク設備 ... タンク設備の複雑な制約、洗浄メンテナンスなどに対応しつつ、効率の良い分配計画をたてる必要がある。
⑤ グローバル化 ... 海外の工場との密な連携がとれない。


ソリューション

製造現場における現在の重要課題の一つは、需要変動などの外部変動や、生産リードタイムや歩留まり、故障などの内部変動に、在庫を抑えつつ、どのように適切に対処していくかです。その解決策には「見える化」と「リードタイム短縮」です。
「見える化」と「リードタイム短縮」は、有限能力スケジューリングを導入することにより解決します。有限能力スケジューリングは、設備や人員の負荷を考慮した、リードタイムが短くなるような生産スケジュールを作成します。そして、スケジュール結果および工程の進捗状況および未来のスケジュールを誰からでも見えるようにし、「見える化」が実現します。


導入実績製品分野

納豆・洗剤・粉・ビニール袋・食品用ポリ容器・プラモデル・事務用品・釣り具・レンジフード・木材加工・靴下・缶・化粧品・ゴム印・ボールペン・シャンプー・ショッピングバッグ・ダンボール・エクステリア製品・飲料水・玄関・床下収納・造作部材・靴・玩具部品・ネックレス・ストッキング・・・

「業種別ソリューション 食品・消費財」(PDFファイル)
「業種別ソリューション サンプルデータ」(要会員登録)

導入事例

印刷 - 小林クリエイト株式会社様
化粧品 - 株式会社 日本色材工業研究所様
学用文具 - ぺんてる株式会社 様
樹脂加工製品(テープ) - 電気化学工業株式会社 大船工場様
フィルム - 富士フィルムコンピューターシステム株式会社
衣料品(靴下) - 岡本製襪(張家港)有限公司様

食品(調味料など)


プロトタイプ

導入事例やサンプルデータで大体の導入イメージが分かります。しかし、2つと同じ工場はありませんので、実際に導入検討していただくには、自分の工場のデータでプロトタイプを作成することをお勧めします。プロトタイプを作成するには、以下の方法があります。
 ①無料体験版で自力でプロトタイプを作成する。
 ②プロトタイプ作成支援サービスを活用する。

詳細はサポートセンターをご覧ください。





→[ 業種別ソリューション事例 ]のトップページに戻る

→資料請求はこちら